スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

紅葉も終わり・・・

久々です。
土曜日に何も無いのは^^;
たいがい何かありますから。

そこで、しばらく乗っていなかったヴェクスターを引っ張り出し、
お昼過ぎに大久保キャンプ場まで。

バッテリーあがりも心配だったので。

セルを・・・「キュルキュル」やっぱ掛かり悪い。

3度目でなんとか。
キャブは乗らないとダメですね~。
掛かってしまえば安定してます。

すでにハンドルカバーも装着。
冬場の必需品です。

今月は大久保・蔵田は仕事でなんどか来ましたが、
ヴェクスターでは久々。

家からキャンプ場までは適度なワインディングが続き、
そこそこ楽しめます。

山の木々もだいぶ葉っぱも落ち、
短い秋から冬へ・・・そんな感じです。

s-2016-11-3142.jpg

s-2016-11-3145.jpg


さて、走りのほうですが
久々に乗ったにしてはリズムよく走れて、
まずまずといったところです。

歳も歳ですので、この「まずまず」が維持できるようにしたいものです(=∀=)

ただ、蔵田からの天王坂の下りはブレーキがキツクなります。
フロントはKX80用のキャリパーに換えてありますが、
これだけ下りコーナーが連続するとキビシイ。

まあ、ローター径も小さいし、
こんなもんだといえばそれまでですが・・・。
平坦なところや登りはまったく問題はないので。

ブレンボのカニが余ってるから一度着けてみたいものです。
多分、そう変わらないかも。
試してみるのも面白い!

キャンプ場往復1時間ほど。

あいかわらずエンジンは調子良く、
足周りはしなやか。

寒かったけど気持ち良かった~(#^.^#)

s-2016-11-3151.jpg
↑ 県指定の天然記念物の大杉。樹齢700年とか。


2016-11-26(Sat)
 

おのぼりさん

昨日の土曜・・・。

東京へ行ってきました^^;

久々です。

新幹線に乗るの、20年ぶりくらい!

そもそも電車に乗ることも、ほとんどないので
自動改札に戸惑ったり(汗)

新幹線も初代と2代目しか乗ったことない。

長男との待ち合わせの東京駅丸の内北口までなんとかたどり着き(笑)

日比谷にある本社ビルの前で記念撮影(大笑)

その後、地下鉄と京浜東北を乗り継ぎ品川駅まで。

天候のせいもあり寒かったためか、どこのカフェも一杯。
かろうじて、あったのが外に椅子とテーブルのある店。
震えながらコーヒーなぞを^^;

まあ~、さすが東京です!
人が多い。
歩くの速い。

それ以上に驚いたのが景観の変わり様。
駅の中も綺麗だし。
当時の品川駅なんか、京急の乗り継ぎ通路も暗くて湿っぽかったような・・・。

隔世の感。

そりゃあそうだ。
昭和48年~昭和55年まで住んでいた東京とは比較にならない。


上を見れば空間が少ない・・・それほど高層ビルが。

八ツ山橋の交差点の近くにあったツーリング仲間の自転車屋さんのあった所も、
ビルが建って・・・。
店の前も広く空いていて、バイクの調子をみるのにちょうど良かったですが・・・。
あの、自転車屋さんどうしたんだろう?(なにかとバイクの面倒を)

そんなわけで、あれに驚いたりこれに驚いたりw(゚o゚)w

田舎モンにとっては新鮮な一日でした!

※あの時代、当時でも珍しいホンダSL350というスクランブラーに、
UKダンロップのTT100(プロダクションレース用とか)、
オプションのダウンフェンダー(貴重・・・国内でコレを付けてるのは1台だけという噂も)、
コンチハンで都内やら箱根、奥多摩を走り回っていました。
左右のコブラマフラーから吐き出される「凄い音」で、なんどか警察に止められて。
純正なんですがね~。
それほど迫力のある音でした。

自分のバイク人生のなかでもこれほどインパクトのあるバイクは他になかった。





2016-11-20(Sun)
 

5年経過 ・・・ タイヤ

SPORTSCITY CUBE 250ie

一般的に、スクーターとしては大径タイヤと呼ばれているそうですが、
前後15インチ。

これがですね~、選択肢が限られてしまう。

特に、リアはアレしかない(゚∀゚)

フロントに関してはいくつかあります。

で、新車時に着いていた「ミシュラン・パイロットスポーツSC」
これが良いタイヤでした。
前後とも↓

s-2015-4-0956.jpg


接地感というか、路面からのインフォメーションがシッカリとして、
実際にグリップもありと、かなり好みのタイヤでした。

その後、後継モデルとして同じミシュランのパワーピュアSCに。
センターとサイドのコンパウンドが違うというもの。

s-2014-11-0903.jpg


リアに関しては、0キロ~7千キロで1回目の交換。
2回目が1万4千キロで交換。
まったく同じ使い方ではないにせよ、
パイロットスポーツSCとパワーピュアSC・・・持ちはそう変わらない!

フロントはリアの倍近く持ちました。

そのフロント。

交換にあたっては悩みました。
とはいえ、そう選べるものではないんですが^^;

無難にパワーピュアSC。
もしくは雨に強そうなミシュランCITY GRIP。

そんななか、BSからバトラックスが発売!
「良さそう~じゃん」とこれに決定。
BSだし、バトラックスの響きが(笑)

s-2015-9-0001.jpg


おそらくスポーツシティで,
120/70-15のバトラックスSCを履いているのは少ないのでは。
残念ながらリア用の設定はありません。

パターンからすると雨もそこそこいけそうな感じ。

さて、どうか?

タイヤの形状からか、寝やすい。
(自分がイメージしてたよりは寝てしまう)

パイロットスポーツSCと比べ、
バトラックスはサイドが回りこんでいて、
とてもココまでは使えないほど。

ミシュランの方がサイドのエラが張っているとでも。
あくまでも比べてみた感じでは。
(実際はBSと比較してもわずかな違いでしょう)

雨は走ったことありませんが、ドライのグリップは十分でしょう。

ただ、気になることが・・・。

それは、BSは路面の細かい凹凸を拾います。
交換前のパイロットスポーツSCよりも微振動といいますか、
ハンドルに来ます(指定の空気圧で)

最近ではもう慣れてしまって気になりませんが・・・。

たまたま、スポーツシティでこうなっただけで、
バイクによってはそんな事もないのかもしれません。

これでタイヤの評価が下がる・・・そんな事にはなりません。

次回、交換するとしたらミシュランかな(=∀=)
あっ、ピレリのディアブロなんかも面白そうです(フロント用バイアスあったか?)

そうそう、最近スクーター用の大径タイヤがけっこう発売されていますが、
ほとんどがラジアル。
「良いじゃん」と見るとラジアル。

ビッグスクーター用ですね。

15インチでバイアスタイヤ履いてるのはほとんど無い。

世の中、ラジアル化の傾向が・・・。

次に履き替える頃は、バイアスの15インチあるんだろうか?



2016-11-17(Thu)
 

5年経過 ・・・ 続き

このブログを見てくれる方は、
同じ「SPORTSCITY CUBE 250ie」に乗ってる人だったり、
欲しいけど、どんなスクーターなんだろう?とか。
また、イタリアンスクーターに興味がある人も・・・。
もしかしたら、ジレラのランナーに乗ってるぜ!

まあ、いずれにせよ極々少数でしょう(=∀=)

それでも、そういう人の為に多少なりとも参考になれば・・・。
そんな思いでアレヤコレヤと書いているわけですが、
これが難しい!

この、スポーツシティのインプレは人によって捉え方様々。

特に乗り心地!

「乗り心地はやや固く・・・」とあったり。

とは逆に
「大径タイヤのおかげで乗り心地は良く・・・」
「サスストロークがあるので乗り心地はそこそこ良い」

まったく違います。
(体重の違いでもかなり受け止め方は違うのかと思ったり)

スクーターの個体差?
これも、そう大幅な差はないだろうし・・・。

そもそも、このスクーターは玉数が少ないので、
参考となるブログなり記事も少ない。

評論家が書いてる記事もあてになるような、ならないような・・・。
(あまり悪いことは書かないからね)

結局のところよくわからない(大笑)

それを踏まえたうえで・・・。

あらためて乗り心地!

固いと思います。
特に、フロント!
路面の悪いところはガツガツきます。
ゼブラ塗装の路面でもガタガタと体にきます。

リアはそれでも良いんですが、これも固め。

ちなみに体重59キロ、慎重167センチ(最近すこし縮んだようで ^^;)

この対策としては
フロントフォークのシール交換の折、
柔らかめのオイルに交換(したつもり)
取説には「7,5W」とありました。

s-2016-11-3138.jpg


Sファクトリーさんでは「多分10番だから7番を」そんなこと言ってたような・・・。

結果、番手はそう変わってはいないのかな?
でも、乗った感じはガツガツが柔らぎました。

リアは純正からビチューボに。
これは「しなやかさ」が出てきました。

全体としてはフロント・リアとも施工後は接地感が出てきて、
良かったです。


足つきに関しては概ね「悪い、高い」
カタログによるとシート高815ミリ。

中年・短足の167センチ(2センチくらい縮んで165か)だと、
両足ツンツン。
片足はなんとか(笑)

車重が140キロ+ですから
なんとかなってしまう。

ちなみに以前、若い女性に跨ってもらったところ、
身長は私より少し低いにもかかわらず
足つきはチョットだけ良かったことも(汗)

結果、160センチあればなんとか乗れてしまうのでは。
某ショップではフロント・リアの調整(交換?)で車高を下げたものもありました。
アンコ抜きはシートベースの関係で下げられる量も限られるようです。
シート形状を変えるだけでも改善できるかもしれません。

背の低い人にとっては足付きが関門です。

コーナリング!

15インチタイヤと、スクーターにしてはバンク角があるので、
良いです!  安定感あり!

重心も一般的なスクーターに比べれば高めですから、
このあたりも運動性能に関係があるのかも。

動力性能は・・・

車重140キロあまりで、22馬力。
パワーウエイトレシオからすると、
「けっこう走るスクーター」ということになります。

250までのスクーターでは速い部類でしょう。

普通に走るにはノーマルの駆動系で十分!

ただ、以前ツーリングに行った時立ち上がりで「もう少し欲しい」と思うようになり、
マロッシのバリエーター投入。
ノーマルに上乗せといった感じで、下が使いにくくなることもなく。
クラッチまでは手を入れませんでした。

川根・天竜あたりの中低速コーナーだと立ち上がりで以外と着いていける。


さて、懸案でありましたブレーキ

リアはホントニ使い易く。
タッチ・効きとも◎でした。
今は、当初に比べタッチがカッチリしてます。
納車直後からしばらくはもう少し柔らかかったような・・・。
途中から固めになってきて。

このあたりはパッドをいくつか換えてみましたが、大幅の変化はなくて。
ブレーキオイルは何度か換えてますが・・・。
とはいえ、リアのコントロール性は十分。

フロントは今までの経緯を見てくれれば分かると思います。
使いにくくて・・・試行錯誤。

効かないわけではない。
効きが唐突。

シングルがどうのWがどうのということでなく、
キャリパーとマスターの関係(比率)ではと。

結果、フロントはシングルのブレンボ4ポッド。
ニッシンの11ミリマスターに落ち着いたわけです。

11ミリマスターで純正Wディスクにしたらどんな感じなんでしょう?
当初のアプリリア純正14ミリ → 同じアプリリア12,7ミリまで試したから、
やってみるのも面白い。
12,7ミリでも固かったからね。

シングルにして、
ブレーキング時にどちらかへ引っ張られることもありません。


車体と本人との関係が分かるように何枚か載せますね。

s-2016-11-0705.jpg
エルフのライディングシューズ履いてます。もっと底の厚いシューズが欲しいかも(#^.^#)


s-2016-11-0707.jpg
右足着きました


s-2016-11-0709.jpg
左足^^;


s-2016-11-0711.jpg
ビュ~ン


さらに続く・・・

2016-11-14(Mon)
 

5年経過

納車の日・・・。

店を出る時「カタッ」という音が・・・平成23年の11月8日。

あれから5年。
試行錯誤しながらいまだに楽しめています(*^_^*)


トラブルといえば、
納車時のカタッはステムの下側だったかレースの打ち込みが甘かったとか。
(納車時に点検をしたんだろうかと)
その後、フロントフォークが前後にガクガクになってしまって(*`へ´*)

1年半経ったころ、スピードメーターの不動。
(メーターアッセンで交換との見立て・・・後にスピードセンサーの故障と分かり)
※他の用事でSファクトリーさんに行った折見てもらったところセンサーの故障・・・アタリでした)

電圧計の異常。
「Hi」 ←表示がこうなってしまった。
この状態で店まで乗って来てと(♯`∧´)
とっても不安なので軽トラに積んで店まで持ち込み!(オーバーチャージではないのか)
(レギュレーター不良・・・部品入荷まで三ヶ月待ち)

いずれも保障期間内で無料でした。

が、残念なことに正規販売店の対応がどうも(ーー;)
業種は違えど、同じ商売人としてどうかな~と思うことが多々。

静岡県の中・東部でアプリリアの販売店はココしかないので!
選択肢が・・・。
県西部の浜松まで行けばあります。

そんな販売店のすぐ近くに偶然見つけたのがSファクトリーさんでした。
速い・安い・美味い・・・ってくらいの仕事で、対応もしっかりとしてます。

おかげで、なにかと助かって(^^♪

車も含め、外車の場合とくにアフターがだいじ。
その良し悪しで乗り続けるかどうかの分かれ目のような気がします。

あっ、忘れてました。
フォークからのオイル漏れ!

これはSファクトリーさんにて修理。
インナーチューブにキズがあり、
どうも新車の組み付け時に着いたキズではないかと。
これはインナチューブの修正及びシール交換と
少し柔らかめのオイルを入れてもらいました。


エンジン・冷却系には今のところ不具合は出てませんが、
5年という年月を考えるとホース類はボチボチかな。

バッテリーも5年持ちました(゚∀゚)
これも、早めの交換が必要かも。

ギアオイルは自分で交換。
バイク屋さんでも換える必要は無いとの声もありますが、
交換後はかなり違いました。
エンジンオイルほどのスパンではないにせよ、定期的な交換が必要かも。

エンジンオイルはマメに換えてます。
最近では自分で交換!
ある程度以上の物(保険の意味合いで)

とまあ、こんな感じで自分では最低限のことしか出来ません^_^;

250以下で車検はないけど、
安心して乗るなら2年ごとに信頼できるところで、
一通り見てもらうのがベストでしょう。

続く・・・・


s-2016-11-030.jpg

2014年4月
しらびそ高原にて
この時はまだWディスクでブレンボのカニが・・・。


2016-11-08(Tue)
 

あと2年は・・・

え~、なんだかんだと忙しいやらそうでないやら(笑)
11月も日曜は予定で埋まりました。

そんな中、自賠責保険の更新というか延長というか・・・。

11月8日で保険が切れますので、今日手続きに行ってきました。

ということは・・・安心してください(#^.^#)
あと2年は乗るつもり!

で、手続きには藤枝の隣町にある某バイク屋さん。

わざわざ、そこまでΣ(゚Θ゚)

なぜか?

実は、近場でバイクのメンテをしてくれる所を探していて、
以前から気になるバイク屋さんがあったんです。

隣町ですが、そう遠くはない。
いつものSファクトリーさんは、技術力は相当高く信頼もおけますが、
チョット遠い!

安倍川を越えてさらにその向こうですから・・・。

そこで、下見を兼ねて某バイク屋さんに行ったわけです。

店の入り口にバイクを止めて中に入り、
保険の更新の旨を伝えると店主が「アプリリアですね」と。

こちらは思わず「えっ!」と

店の中からはスポーツシティのフロントの一部が見えるだけで、
いくらバイク屋さんでもアプリリアと分かる人はそういない。
まじまじ、近くで見たわけでもないのに。

知ってるんだろうか?

その後、いろいろと話しをする中で「これなら大丈夫かな~」と。
いままでの人生経験から判断しました(笑)

まずは、簡単なところからお願いしようと思っています。



さて、明日は5年間の総括を!


s-2016-11-3133.jpg


2016-11-06(Sun)
 

XMAX 300

チョット気になります・・・。

ヤマハ!

XMAX 300 だそうで(゚∀゚)

s-2016-10-222.jpg


現行の250クラス&オーバーの国産スクーターには
特に興味もありませんでしたが。

これは・・・ありです(^_^)

欧州向けで来年3月の発売とか。

ほぼ目いっぱいの292CC。
車重が179キロ。

アプリリアSRMAX300とほぼ同じくらいの大きさでしょうか。
車重はヤマハのほうが少し軽いようです。
シート高はアプリリアより少し低く(高ポイント)

目つきが鋭いですね~。
BMWC600スポーツに「目」だけは似てるような(笑)

ABSにトラクションコントロール搭載と豪華!!

けっこう凝縮感があります。
現行のTーMAX530よりひと回り小ぶりとみて良いのかな。

タコとスピードメーター・・・アナログ表示で好感がもてます。

さて、国内販売の場合はこの300CCのままなのか?
車検があるのでこのあたりは微妙ですが、
その為に排気量を下げての販売も本来のパワーが削がれてしまうし・・・。

その前に・・・。
はたして自分が乗って似合うかどうか?

これ、けっこう重要で
乗ってる姿が人から見て耐えられるかどうか(大笑)

中年(を過ぎ)、短足で太からず細からず(=∀=)
乗ってる「佇まい(たたずまい)」がまずまずであれば・・・選択肢にも。

まあ、バイクとの相性もありますので、
単純に速いとかパワーがどうだとかは二の次になります。

でも、このクラスにトラクションコントロールとは凄い時代になりました。
motoGPからのフィードバックがあるんですかね~。
そういえばヤマハのmotoGPはついここ何年かは
サテライトのチームも含め速かったからね。

強烈なエンブレとアクセルオンのタイヤのスライドをいかにコントロールするかが、
ヤマハは上手くいっていたのかもしれません。


XMAX 300 ・・・現物を見てみたい!
写真とはまた違うでしょうから。



2016-10-23(Sun)
 

乗りやすくなりました

ブレーキマスター、リアタイヤ交換して初のプチツーリングが前回の梅ヶ島温泉。

昨日の水窪方面はさらに距離も長くなり、もう少し攻め込んでみました。

特に違うのが減速の為にカーブにゼブラに塗装してある舗装路。
ココを通過した時の挙動とでもいうのか、車体が振られるのがかなり減ったようです。

今まではチョットだけビビリでしたけど(笑)
気持ちが楽になって、コーナーに入れます。

交換前のタイヤ・・・サイドはかなり残っていたのに、
新品はやっぱ違うもんです。

ブレーキの使いやすさと相まって、少し走りが若返ったか?

ところで、好天にも恵まれ昨日はバイクが多かった。
途中で寄ったスタンドでも「今日は多いな~」と。

確かに、道の駅でも何台も。
それも外車やリッターバイクが多く。

先に出発したら追いつかれましたが、
お金持ち軍団(多分)は追い越し禁止なんのその。
車なんかあっという間に抜いて行きます。

しかも、秋葉湖沿いの国道152号を三桁(分かりますね)をチョット超える速度で、
コーナー進入。

途中まで着いていきましたが、
うちのスポーツシティではリスキーでだんだんと離されて
上手い人が乗ればそうでもないだろうけど、私には無理でした。

もう少しフロントの安定感があれば良いんですが・・・。
motoGPみたいにフロントにウイングでも付けてダウンフォースを増やそうかな(笑)

そんなダウンフォース不足のスポーツシティ、
毎日もしくは頻繁に乗っていればそうでもないでしょうが、
もう5年も経つのに久々に乗った直後はどうもポジションが馴染めない。

やけにイスが高いな~と。
足つきの問題もあってアンコ抜きも考えたこともありました。

ところが「コーナリング」に入ると、これが絶妙のポジション。
ハンドル位置、シート高、ステップこの三つが上手い具合に・・・。

s-2016-10--1666.jpg
※シート、ハンドル、ステップの関係を↑見てください。

足の位置は限られてしまいますが、
自分には合ってるのか、お行儀よく座った格好でコーナーに進入します(=∀=)

体は少しIN側に入れる感じで。
Rの小さいコーナーではリーンアウト気味の場合も・・・。
motoGPのように進入で足を出したりと^^;

いずれにせよ、ステップの上で遊べます(笑)

と、まあこんな歳になっても試行錯誤しながら安定して速く走ることを探っています。


2016-10-17(Mon)
 

新しいルート開拓

富士でのWECから一日おいて、天竜方面へ。
(※ 富士6時間耐久レース トヨタ優勝オメデトウ\(^o^)/)

本日は水窪方面の新たなツーリングルートをと、
事前にGoogleマップで下調べして行きました。

まず、水窪へ行くには国道152号を北上するのが普通。
(それしかないと思っていました)

ところが、佐久間町の途中から水窪への県道290号がある。
地図上ではかなり曲がりくねっている。

佐久間町の飯田線のガードをくぐって右折すると290号。

s-2016-10-3028.jpg


これが、想像以上にタイトなコーナーの連続で、
車でいうと1速もしくは2速のハンクラ(半クラッチ・・・わかる?)
まで落とさないとキビシイところもある。

国道152号とはほぼ平行している県道290号。
やっぱ、実際走ってみないと分からない。


真っ直ぐ行けば国道152号を水窪へ。今回は赤い鉄橋を渡り佐久間町へ(国道473号)↓
s-2016-10-3023.jpg

県道290号をほぼ登りきったところに・・・民俗文化伝承館なるものが。
s-2016-10-3037.jpg

ここからはずっと下り。すると・・・国道152号へ出ます。
水窪の城西小学校のすぐそばです。
s-2016-10-3040.jpg

152号から分岐した(赤い鉄橋)からですと、
感覚的にいつもの3倍くらいの距離を走ったように思う。
実際はそんなことはないでしょうが・・・。

結果・・・このルートはもういいかな(;д;)

このあと、速攻で次のところへ。

このルートは水窪へ来る時に気にはなっていました。
抜けられるかどうか?
秋葉ダムへ行く手前の橋を渡らず左へ。
s-2016-10-3044.jpg

s-2016-10-3046.jpg


龍山秘密村? 10キロ?
s-2016-10-3047.jpg
白倉川沿いに県道361号を、とりあえず龍山秘密村を目指す。

ありました。以前は龍山青少年旅行村だったようです。
行政として重荷になったのかな。
s-2016-10-3050.jpg

国道152号の分岐から秘密村までの10キロは
県道290号に比べれば道幅も広く走りやすかった!
その後は県道9号までは道幅が狭くなるものの、
まずまずで、また走ってみようかなと

ところで、今回別の発見が!
帰りによく通る国道362号から秋葉神社を過ぎたあたりで逸れ
熊切川沿いに走る県道263号。
これが、前半はセンターラインもあるスピードの乗ったコーナー、
後半は道幅が半分くらいになりますがテクニカルな低中速コーナーの連続。

車がほとんど通らないので気持ちよく攻められます^_^;

そのまま行くとまた国道362号へ合流します。
路面もまずまずで川根から天竜・春野へ行くには意外と面白いかも。

本日走行 272,3キロ
累計 15,470キロ



2016-10-16(Sun)
 

WEC・・・行ってきました

恒例になりました富士SWでの「世界耐久選手権」、通称「WEC」に行ってきました。

s-2016-10-2843.jpg


朝5時出発!
高速に乗らず下で。
2時間半。

金曜の練習走行は格安で見れます(去年までは)
ところが、今年は2千円が3、500円に(*`へ´*)

大幅にあがってるじゃん!
駐車料も1,600円。

そうでなくてもレースファンが減ってるのに、
これではね~。

まあ、愚痴はこのへんで。

金曜は土日では入れない、
入れたとしても高いパドックパスが必要だったり、
指定席券も不要で自由に動き回れます。
それに、人が少ない(*^_^*)

ところで、今年はトヨタがNAのV8から → 2,4LのV6ターボに。
あの弾けるようなNA独特のサウンドからどんなふう変わるのか心配でしたが、
まずまずの音でした


さて、金曜は練習走行ですからまだ様子見で
お互い手の内を見せないような感じでしたが、
アウディ、ポルシェが安定して速かったような・・・。

富士の場合、6時間耐久とはいえほぼスプリントレースに近い。
ということは・・・。

トヨタは・・・微妙?


まあ、レースは「みずもの」期待しましょう。

で、WECの場合
プロトタイプと市販のGTカーが一緒に走る!

それが面白いとこでもあるんですが、
速度差が凄い。

特にコーナー立ち上がりのLMP1クラスは強烈です。
モーターのアシストがあるそうですが、
GTカーが動くパイロンのようです。

今年の2月の富士SWの走行会で自分が走った時と同じようで、
抜かれる車はミラーから目が離せないだろうね!

今回もアウディが遅い車を抜くのに接触して300Rで大クラッシュをしたようです。

何枚が写真を撮ってきました。
電池式の格安デジカメ(汗)
雰囲気だけでも・・・。

スタート前↓
s-2016-10-2868.jpg

通称「コカコーラコーナー」進入↓
車の差はあれど、お互いプロレーサー。
「間合い、見切り」に長けてるような・・・。
s-2016-10-2907.jpg

1コーナー下ってからかなりの高低差。それと広いコース幅↓
実際走ってみるとこんなに下ってるとは感じないし、
幅も狭く感じるのはなぜ?(自分なんかたいした走りでもないのにね~)
不思議です

s-2016-10-2928.jpg


レーシングカーの後ろ姿が好きで・・・(#^.^#)
GTカーは面影が残ってるから分かりますが、
プロトタイプはどれも似たような・・・。
アストンマーチン、コルベット。

s-2016-10-2888.jpg

レーシングカーの場合、突き詰めると同じような格好になってしまいます。
それでもポルシェは一皮剥けたような・・・↓
カッコ良い!
s-2016-10-2862.jpg



裏方です。
走行前にヒーターで暖めて!
それにしても太い! 30/68-18とありました・・・。

s-2016-10-2939.jpg

そんなわけで、WECはまずまず楽しめました。
薄日でしたが日焼けもしたり、けっこうな距離を歩いたり、
帰りは国道1号の由比あたりで事故渋滞にあったりと・・・。
昨日はぐったりで寝てしまって(=∀=)

やっぱ歳か?

今日の土曜は「店番&小物作り」

明日の日曜・・・久々にスポーツティで天竜方面へ!


2016-10-15(Sat)
 
プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。