ヴェクスター、良い感じに!

例の台湾スズキ純正のアドレス125用のプーリーを今日付けました。
ドレンボルトを頼んであった茶町にある自転車屋さんに取り付けをお願いしましたが、インパクト用のソケットが短かったりしてかなり難儀しました(汗)

「買ってくる」と店主が言うので、「うちにロングのソケットならあるよ」と取りに行くつもりが、すでに駆動ケースを外した状態ですのでどうしようか迷っているうちにエクステンションでなんとか。

掛かりが浅かったのでナットが少しなめて・・・(泣)

インパクトレンチを持っていれば何とか自分でも出来そうでした^^;

替えたのはプーリーとそれに付属するランプレートとウエイトローラー。
フェイス(フィンが付いた)はヴェクスター用をそのまま使います(アドレス用は付きませんので)


そんなこともありオイル交換は家に帰ってから自分でやりました。
ドレンも注文してあった純正の鉄のやつでなくアルミのドレンボルト。
アドレス125用ですが多分ヴェクスターにも使えるかもと買ってみました。

マグネット付きでワイヤーロックの穴まで開いています。

s-IMG_0091.jpg


スポーツシティが来てから乗る機会も少なくなり久々のオイル交換です。
添加剤のゾイルも少し。

s-2013-6-0087.jpg

さて、アドレス125のプーリーは如何に?

これが不思議なんですね~。

まず、元々のヴェクスター150のウエイトローラーは14g。
加速があまりにも鈍いので少し軽めの12,5gに変え多少下からの加速がよくなりました。

で、今度のアドレス125用のウエイトロラーは17g。
ヴェクスターの標準からは3g,今まで付いていた12,5gからは4,5gも重い。

じゃあ立ち上がり加速は遅くなるかと思いきやこれが違うんです!
0発進加速は速くなりました。
途中の谷もなくスムーズに上まで回ります。

さらに驚くのがエンジンの回転数があきらかに低い。
いちばんの常用域の60~70キロでもいつもより回っていない。
普段は80キロだともういっぱいで、そこからはスピードが上がるのをじわじわと待っているのが交換後は80からさらに回転も上がろうとしている。まだエンジンに余裕があるように思います。

とにかくバイクが軽く感じる。
どの速度域からでも気持ち良く加速が始まります。

と、ここまではある程度の平坦な道路ですが蔵田の登りでどうなのか行ってみました。
ご存知のように蔵田の天王坂はヘアピンが続くタイトな登りですから動力性能を測る上ではもってこい。

今までですと60キロ前後にならないと加速が始まらない。アクセル開けて加速待ち。
きついコーナーの登りなんかはたいへんです。

それが30キロくらいまで落ちてもアクセルを開けると加速します。
ツキが良くなったとでも。
だからコーナリングが安定します。

不思議です(^^ゞ

要は、全域に渡ってトルクが上がったように感じます。

スクーターの構造はな~んとなくしか分りませんが、単純にウエイトローラーがこれだけ重くなったにも関らず加速が良くなるとは・・・。おそらく最高速は少し変る程度でしょう。
まあ、100キロも出れば十分ですから。

ちなみにアドレス125のプーリーの直径はヴェクスター150よりも小さいそうです。
形状の違いとかでこんな変速をするんだろうか?

このプーリーのお陰で本来のヴェクスターの力が引き出せたかもしれません。

ありていに表現するなら「 ひと皮むけた 、ふっ切れた」そんな感じです。



瀬戸谷街道でブルーのヴェクスターを見たら気をつけてくださいね(笑)



スポンサーサイト
2013-06-06(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター