クラウザー??

年度末の最終の日曜ですので、行ってきました(笑)

場所は「梅が島温泉」

静岡市街地から北へず~っと上がって行きます。安倍川の源流にあたるのかな?
山梨県との境。ここからさらに進むと山梨県側の身延に出るようです。
あいにく冬季閉鎖と道路の崩落の為通行止め!

s-IMG_0201.jpg

藤枝からですと約1時間半ほど(初めて行きました)
思ったより遠かった。
予報どおり小雨が降ったり止んだり。

路面の状況を考えるとボチボチの走りでした。

で、前の日の土曜に洗車とハンドルカバーを外しました。
時期的にもう、いらないだろうと。
それでももしかして・・・とハンドルカバーをシートの下に。

あんのじょう、途中から手が冷たくなり雨にもあったので途中で着けました。
上の画像には着いているでしょう^^;

ところで、帰りの道の駅で珍しいバイク発見!

「クラウザー? う~ん、微妙に違う」

オーナーは年配のオジサン(自分もオジサンの範疇ですが)

「クラウザードマーニ」・・・・よほどのバイク好きでないとこの名前は知らないでしょう。
私もかつて一度だけ見たことがあります。

そのクラウザー似のサイドカー、実はホンダのフュージョンベースで国内のショップがかつて製作・販売していたもので新車で200万円以上だとか。

販売台数は230台余り・・・。

オジサン曰く「重くて走りはどうも・・・」だそうです。
ただ「車検が無いのが良いね!」とニコニコ^^;

珍しいので画像を幾つか

s-2013_3-0205.jpg


s-2013_3-0213.jpg


s-2013_3-0206.jpg


s-2013_3-0211.jpg



s-2013_3-0210.jpg
↑カー側のホイールは10インチ。1本欲しいのに4本セットで買ったとか(笑)

本家の本物のクラウザードマーニは↓
s-domani.jpg

似てるでしょう^^;
もう20年以上前で700まんえんほど!
BMW直4、1000CCのエンジン。
今も現地で作っているんだろうか?

こういうフルカバードの場合、サイドカーでなくレース用としてのニーラーと言ったほうが当てはまるかもしれない。

別れ際「助手席には乗せることあるの?」って聞いたら「孫の守に、でももう大きくなっちゃったから乗らないけど」と言っていました。

ちなみにこのサイドカー(側車付き)は自動二輪の免許が必要です。
もちろんヘルメット着用。

最近良く見るトライク(3輪車)は普通自動車免許でヘルメットの着用義務のないものもあります。

ここあたりの区切りは微妙なようで、もしかしたら警察官でも知らない人がいるかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・

本日走行160キロ。

いよいよタイヤが心配です~

スポンサーサイト
2013-03-31(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター