ベスラ  レジンパッド

連休中の木曽方面のツーリング。

いろんな状況下で500キロも走ると、
もう少し「あ~したい、こう~したい」といった事が出てきます。

で、フロントブレーキに関してはおおむね満足してます。
現在のパッドの仕様はブレンボ純正パッドから 
→ 「ZCOOセラミックシンタード TYPE-C」

純正パッドからZCOOに替えてから確かに違いました。
もちろん、良いほうにですが・・・。

ただ、このZCOO・・・自分のイメージよりブレーキの立ち上がり方急といったほうが。
(このあたりの表現は難しいんです)

凄い効きます!

が、握りこんで行く過程がもう少し甘くても良いのではと。
ある意味贅沢な。

もしかしたらTYPE-Cはオーバースペック?(スポーツシティには)

そこで、以前にも使ったことがあるベスラのレジンパッド(オーガニックとも)を試してみました。

s-2017-5-0126.jpg


謳い文句としては・・・
「コントロール性の良さ(馴染み易い特性とコントロール幅が広い)」
「シンタード系に比べ、低温でも効力を発揮し」とあります。

反面、雨には弱いとか。
まあ、雨ではまず乗らないから良いっか(=∀=)

さっそく昼過ぎにパッド交換。
いつものテストコースの大久保キャンプ場まで。

まだ、アタリが付いていないので評価は早いのかもしれませんが、
レバーの握り代が増えたようです。
よく言われる「硬質な感じが、柔らかくなったような」。

初期のタッチからそのあとの握り込んでいった時の幅があるというか・・・。
逆に言えば効きは甘い。単純に制動距離は長くなる。

初期のタッチからそのあと ← このあたりがポイントかも。

使い勝手がさらに良くなったように思います。

ブレーキは感覚的なもので人によって捉え方は様々。
同じ条件下であっても良かったりダメだったり。

他のスクーターは分かりませんが、
スポーツシティはエンブレが効きません(ほぼ)
制動は前後のブレーキに頼るのみ。

だから、前後の手動ブレーキの感覚は重要です。

パッドのアタリが付いてくれば、また違ってくるかもしれませんが、
チョット様子見です。

大久保方面、2往復した感じでは好感触でした。

今回、パッドを交換したわけですが、
その違いが出るというのはキャリパーとマスターはちゃんと仕事をしてるということ。
あたりまえの事ですが、パッド交換する前にこのあたりの具合を確認することがだいじ。

次はリアのブレーキも・・・。


スポンサーサイト
2017-05-11(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター