2度目の富士SW

先月の2月28日。
昨年に続き、冬の走行会に行ってきました。

今年で9回目の開催だそうで、ライセンス無しで思いっきり走れる。
しかもリーズナブル。

主催者が一日サーキットを借り切ってのイベント。

s-2016-3-0069.jpg

走るクラスとしてはタイム計測なしのレベル的には一番下。
が、実際は違います。
上級者が足慣らしで走るし、サーキット走行用に手を入れた車がけっこういます。

いちばん地味でいちばん遅そうなのがうちの車(笑)

まあ、2回目ですから去年のことを思えば多少は・・・

2周タイヤを暖めてと(追い越し禁止)

s-2016-3-0084.jpg

ヘアピンではこんなにOUT側。
去年は思いっきりインを締めましたが、今年は空けて(^^ゞ

s-2016-2-0249.jpg

ヘアピンを立ち上がってから高速コーナーが続きますが、ここが一番楽しいです。
パルサーでも4速150キロでダンロップコーナーに進入。
少し下り気味でのハードブレーキング。
(チョットだけ自信あり

このあとはパワーの無さと曲がらない車で大苦労。
タイトなコーナーの連続。しかも登ってる。
最終コーナーは本当に難しい!
走るラインすらわからず、皆さんに迷惑かけたかも?

レブリミットちょっと前の7千回転でシフトUP.。
オイルもサーキットを想定したものを入れてきましたが、
なにしろ車が古いので五感を研ぎ澄ましながら・・・(^_^.)

ストレートは右側からビュンビュン抜かれます。
速度差50キロ以上!

s-2016-3-0277.jpg
※左に写ってるロードスターならなんとか食いついて行けたような・・・

遅い車はミラーから目が離せません。
ブレーキングには自信があったつもりが、まったくレベルが違いました。
それでも、少しでも奥までという気持で、

パルサーのタイヤ径と同じくらいのローターじゃあないの?と思う車もあったりして。

最高速が速い車はその分ブレーキングが難しいだろうな~。

で、BMWのM3、M4やポルシェ、国産の速いやつに抜かれた時
「あ~、あれは車が速いからね~。しょうがないよね~」とは思わないんです。

直線で抜かれるのはどうってことない。

ただ、コーナーで抜かれるのは悔しくて(汗)
車の性能差なんか関係なくとにかく「悔しい」んです^_^;

だから、速い車が来たらガンバリます(笑)
無理な押さえはしませんがガンバリます。

こんな車も走ってましたよ!
「Z」 40年も前を想いだします。

s-2016-3-0239.jpg

午前と午後の2本走りましたが、ヘルメットの中、汗ビッショリ。

s-2016-3-0283.jpg

今回はレーシングシューズだと本人が思ってるPUMAのスニーカー買いました(笑)
幅が狭く底も薄く硬いもの。おかげでヒール&トゥーがわりと決まって(#^.^#)

ところで、走り終えたあと「もう今年で終わりにしようかな~」と思いました。
車が壊れないうちに、本人も壊れないうちに(=∀=)

3日ほど経つと・・・すでに来年に向け準備を

年にたった一日だけの為に・・・。

※今年も参加者の中で最年長だったみたい



スポンサーサイト
2016-03-04(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター