ビチューボ装着

世間は3連休のところもあったようですが、三日間仕事でした。

今日はなんとか午前中でおしまい\(~o~)/

そこで急きょ「S-ファクトリー」さんまで行ってきました。
実は、ショックの交換は自分でやるつもりでした。
が、外装の外し方が分らずプロにお願いすることに(汗)

ツインショックなので交換そのものはそうでもないんですが、上側の取り付け位置までのアプローチがどうも・・・。

今までも何度か交換の経験はあるものの、普通のバイクだけ。
TX650やCB750、GS750(みんな昔のバイクばかり)
特に難しいこともなく上下のボルトを緩めるだけの簡単な作業。

ところがスクーターは外装を外す必要がある。
しかもイタリアン!

そんなわけでS-ファクトリーさんにお任せ。

s-2014-7-043.jpg


作業は短時間で終わるだろうな~と楽に考えていました。
シートの横のサイドのカバーを外せば上側のボルトにアプローチできます。

店主は「外さなくてもイケルかな~でもやっぱり外そう」と見える範囲のネジを外してみましたが、どうもどこかが引っかかっていて外れない(-_-;)

どうなってるんだろう?
ツメが割れたりするのも恐いし・・・。

結果、
カバーはそのままで狭いスペースになんとか工具を入れ難儀しなかがらも出来ました(^_^;)

下側も左右で取り付け方法が違いました。

最後に外したネジを締める時に、テールレンズの間と言いましょうかリアキャリアの下側のカバーを留めるところの受けの樹脂が割れてしまって^^;

店主「あっ、割れちゃった!」

こちらは「良いよ良いよ付けば」と。

ところがココのネジが締まらないことには浮いてしまう。
どうするんだろう?

瞬間接着剤で直す?

ではなく、考える間もなくアルミの板を切って万力で曲げリドリルで穴を開けリベットで留め取り付けステーを作ってしまいました。

その作業の速いこと。

あまりの素早さに割れたことも忘れ感心してしまって(^_^)/

これで割れる前よりかなりの強度が出たな~(笑)

チョット曲がったけどまあ良いっか

びふぉあ~
s-2014-7-0080.jpg

あふた~
s-2014-7-0081.jpg

ひとつ気になったことがありまして、このプリロードの調整するところ。
4輪の場合ココがWナットみたいになってシッカリと固定出来ますがこれは特にロックする構造ではない。走っていて緩んだりしないのか?

s-2014-7-0085.jpg


そのあたりも聞いたところ「それほど荷重が掛からないから大丈夫」だそうです。

なるほどと思いつつも心配性なので緩んでもわかるようにペイントしておきました(汗)


少し遠目からですと・・・こんな感じです。

s-2014-7-0088.jpg

さて、交換してどうだったか!

さらに続く・・・



スポンサーサイト
2014-07-21(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター