ペーパーロックかも

日本語ではペーパーロック。
本当の発音は?

まあ、それは置いといてと・・・。

今までも何度もありました。
急な下りでリアブレーキが効かなくなる。

元々、リアブレーキに関しては「効き・コントロール性」はフロントに比べれば
比較にならないほど良いです。

購入当初は下りではフロントは怖くて握れないほどで、
リア主体になりました。

ところが純正パッドではそんなこと無かったんですが、
リアをマロッシのシンタードに換えてから下りでだんだんと効かなくなりレバーが中に入ってしまう。
そこで、またリアを純正パッドに戻してもこの症状が出る。
エアでも噛んでいるのかな~?とその時は。

そんなこともあり、一度ブレーキオイルを換えてもらったような?
ハッキリと覚えていませんが・・・。


時期的なもの?なんて思っていました。
冬場よりも夏に起きることが多いのかと。

で、土曜の山住神社からの下り。
やっぱ、なりました。

だんだんと甘くなり最後にはグリップにレバーが付いてしまうほど。
もちろん、リアブレーキのこと。

フロントはまったく大丈夫!

購入当初と違い今ではリアだけでなくフロントもしっかりと握っています。

平坦な場所では前後ともかなりの制動を掛けてますが、そうはならない。
下りが続くとだんだんとなる。

少し冷ましてやるとまた回復。
その繰り返し。

まあ、ブレーキは制動エネルギーをいかに熱に変えるかですから、
そういう意味ではリアブレーキはちゃんと仕事をしているということ。

フロントはWですし、効きそのものもリアに比べ甘い部分がありますから
仕事としてとらえれば・・・もうチョット(^_^)

ちなみにヴェクスターは今、
フロントをKX80(だったか)2ポッドのキャリパーに換えてありますが、
効きは良い感じです。
でも、下りで使い続けるとやっぱ効かなくなります。
こっちはペーパーロックなのかフェードしてるのか分かりません。
それほどレバーが中に入ってしまうようではないので。

スポーツシティは近じかブレーキオイルを交換してもらいます。
エア抜きもシッカリと!

ミッションのバイクのようなエンジンブレーキが利かない、
コーナーの進入でシフトダウンしながら減速という手も使えないので、
前後のブレーキがたいへん重要です

前にも言いましたがブレーキは「速く走る為の物」と考えていますので(^^)

s-2015-3-1382.jpg

↑リアのキャリパーは純正です。現在はパッドのみベスラです。
 ブレンボのカニはピッチの関係で付かないとか・・・。
 あえて換える必要はないほどです。


 
スポンサーサイト
2015-03-29(Sun)
 

天空の里  大沢

前回のツーリングから2週間ぶりです。
昨日の土曜、水窪にある大沢地区まで行ってきました。

前回はガソリンの心配があり途中で引き返してきましたが、
ガソリンを口元まで満タンにしましたので!

案内板(ココまでもそこそこあります)からさらに4,3キロ山道を登ります。
舗装はしてあるものの落石、砂利、水、枯葉・・・。
特に、尖った石が多くパンクが心配でビクビクしながら、着かない足をバタバタしながら(笑)

やっと、半分まで来ました。

s-2015-3-1367.jpg


左へ。

ここからさらに道が細くなります。
来るならオフロードバイクか軽トラか、郵便カブが良いかも。

s-2015-3-1347.jpg

う~ん、なんと言ったらいいでしょうか・・・。

こんな急斜面に段々畑。
それもわずか・・・。

この大沢は500年にわたり8戸のみで、
限られた農地ゆえ戸数が増えることが許されなかったとか。
それが延々と続いてきたようです。

感想、思い・・・ありますが。

実際に自分の目で見て感じ取ってください。

s-2015-3-1352.jpg

布団が干してあるのが「ほつむら」です。

s-2015-3-1350.jpg

s-2015-3-1359.jpg

s-2015-3-1364.jpg

その後、山住神社まで。
今は廃館となった「水窪カモシカと森の体験館」へ。
ここも景色は良いです!
2週間前は途中まで来ましたが、その時は所々雪が残っていました。

s-2015-3-1372.jpg

↓天竜スーパー林道の開通まであと少し。
s-2015-3-1376.jpg

山住神社からは県道389号へ抜け春野へ。
「狭く、見通しの利かない、延々と下りが続く」。
何度走ってもこの道は楽しいです。
スピードがそれほど出ないので何かあってもダメージが少ないのも・・・。
車だとほぼ2速、一瞬3速でもすくコーナーというもの。

パルサーでも何度か走りましたがマニュアルMTだともう楽しくて!
ココは自信があります(笑)

本日走行 299、6キロ。
燃費 L=33,4キロ(かなり正確だと)

2015-03-29(Sun)
 

ヴェクスターも

そういえば、ヴェクスターもエンジンオイルしばらく換えてなかった。
さらに、ギアオイル?・・・買ってから4年半経ちますが一度も

s-2015-3-1336.jpg


スポーツシティが来てからは、年間走行距離が千キロにも満たない。
ココ最近では2年で1,500キロしか走ってない。

エンジンオイル換えたのいつだったか?

調べたところ・・・1年と8ヶ月前(汗)
すっかり忘れていました。

丁度、ギアオイル買ったばかりだし、たくさん余っているので良いタイミングです。

まずは、ギアオイルから・・・。

ヴェクスターの場合、駆動系のカバーを外さないといけない。
ネジがけっこうあります。
ところが、硬い!

以前、自転車屋さんでアドレスのプーリーに交換してもらいましたが、
その時の締めすぎか?

ここまで硬く締める必要はないような・・・。
頻繁に開けるなら6角に替えたほうがいいかも。

中にマグネットが入っているこれ↓にネジを置いておきます。
これだと、どこにどのネジか迷わなくてすみます。
磁石でくっついて動かないので一目でわかります。
シロートっぽいでしょう?(笑)

s-2015-3-1327.jpg

注入口のボルトを少しだけ緩め、下側の排出用のドレンを外します。
規定容量は100mlだったような。
実際は120ml出ました。

かなり汚れてます。。

s-2015-3-1324.jpg

新しいギアオイルは規定量と出た量の中間を取って110ml(^^)v
注射器のデカイので入れます。

s-2015-3-1332.jpg

それにしてもギアオイルのドレンの細いこと。
頻繁に開けることはないにしても心配です。
締める時は締めすぎに注意しましょう。

s-2015-3-1331.jpg

エンジンオイルは距離でいけば、1、500キロですからそうでもないんですが、
期間でいうと引っ張りすぎ。
しかも、オイル容量が0,8L!
これってモンキーとそう変わらない量。

排気量が3倍もあるのにほぼ同じとは

せめて1Lくらいあれば余裕が出ると思いますが・・・。
こういった場合、オイルは良いものを入れたほうが安心です。
しかも、耐久性を考えると少し固めでも良いのかな。

で、このエンジンオイルのドレンボルトも細いんです。
ギアのドレン以上に気をつけたほうが・・・。
以前、オイル交換の際ドレンのネジ山にキズがあるのを見つけました。

怖いですね~。

今はデイトナだったか、アルミのドレンに替えてあります。

使ったオイルは残り物です。
これだけでは足りないのでモチュールの残り(チョット古いかな~)

結果「アマリー+YACCO+モチュール」の豪華ブレンド(笑)
割合でいけば7:2:1。

s-2015-3-1193.jpg

次回はもう少し早めに。

ところで、交換後は?

まず、先にギアオイルだけ換えて走ってみましたが、
スポーツシティほどの変化は感じませんでした。

次にエンジンオイルですが、こちらの方が滑らかさというかスムーズになったようです。

どちらも明らかな違いは出ませんでしたが、安心感はありますし、
長持ちさせる意味では大きいかと。


2015-03-27(Fri)
 

ギアオイル、換えたほうが良いかも

エンジンオイルに比べ、ギアオイルは見過ごされがちになります。

「交換しなくても・・・」というバイク屋さんもありますから。

で、ギアオイル交換後スポーツシティではどうだったか?

あくまでも私情が入っています(笑)

客観的にみても変わりました。
エンジンオイルを換えた時よりも変化がありまして驚きました

バイクが軽く感じます。
レスポンスが良くなったようにも・・・。

なんでしょうね~不思議です。

って事は・・・結構がフリクションがあった?
それが新しいオイルによって軽減されたとでも。

ただ、エンジンオイルほど熱にさらされているわけではないし・・・。
劣化という面ではそれほどでも。
ギアの噛み合わせで極圧はかかっているけど。

↓ネットでトランスミッションの構造を調べたところ・・・。

A695382193C7BE96A425018DA1D2A5F4.png

こんな感じ。
クラッチに繋がっているシャフトのギアと、間に変速のギアを介して、
ホイールを回すシャフトにもギアと・・・間違ってない?

ギアはもちろんオイルに浸っていますが、
ベアリングがいくつかありますけどそれはどうなっているのか。

いずれにせよフリクション低減による効果はけっこうあったのでは。

ところで、新車の時はどうだったのかな~。
当然ながら覚えてないし、たとえオイルの劣化があったとしても普通は気が付かない!
そんなもんでしょう。

さらにですね~、必ずしも換えて違いが出るかは分かりません。
「変わらないじゃん」なんてこともありうる。

その場合、元々の状態がそれほど悪くはなかったのかもしれない
オイルの品質でも差が出るようです。

まあ、気持ち良く乗りたければこういうところにも気を配ったほうが・・・。



この勢いはそのままヴェクスターに・・・続く


2015-03-26(Thu)
 

ギアオイル交換

「とある方」からのアドバイスによりギアオイルをしました。

「換えなくても・・・いや換えたほうが」と色んな考え方があるようですが、
オイルも消耗品ですからやっぱりある程度の距離(時間)で交換するべきでは。

ギアオイル250mlの容量からすると、売っているのは1L~からが多いようで、もったいない。
残りは次回とするとあと3年後?
いくらギアオイルでも劣化を考えると・・・。

やっぱ、バイク屋さんにお願いしたほうが無駄がなくてね!

と、考えていましたが買ってきました(笑)

s-2015-3-1283.jpg

デイトナが販売元の「MOTOREX」・・・スイス製らしい。
粘度は指定の75W-90(GL-4 、5)
粘度にかんしてはこれから多少ずれてもそう問題ないでしょう。
いちおう「フル シンセティック」(^_^)
1Lで値段は1900円ほど。

まずは、ギアオイルのドレンの確認。
6角が見えますが、そのまま出すとモロにホイールにかかる。
そこでウエスでホイールを養生。

s-2015-3-1301.jpg

その前にこんな物作りました。
厚紙で丸めてガムテープで。

s-2015-3-1286.jpg

↓それをホイールにオイルがかからないようにこんな感じで。

s-2015-3-1293.jpg


ちょうど6角のソケットがあってよかった。
エクステンションで回しましたがけっこう硬かった。
「カキッーン」という音とともに回りました^^;

s-2015-3-1288.jpg


出たオイルはそれほど汚れているようには見えませんでしたが・・・。
s-2015-3-1294.jpg

↓これに入れたら・・・それなりに汚れてました。
s-2015-3-1300.jpg

↓ドレンのワッシャーは替えがないのでそのまま洗浄して使います。
s-2015-3-1297.jpg

この場合、どのくらいのトルクで締めたらいいんでしょう?
締めすぎに注意しながら緩まない程度に(汗)
シロートはこのあたりがわかりません。
とりあえずボルトにマーキングして少し走ってから再度チェック!

オイルの注入は「貴重なアドバイス」を参考に厚紙で。
ギアオイルの容量は250mlですが、実際抜ける量を計ったところ・・・220mlくらい?
ドレンを外したあとしばらく置いて、少し車体を傾けたりと時間をおきました。

s-2015-3-1304.jpg


注入量はほぼ220ml。

やっぱ新油は気持良いものです(^^♪

交換後は・・・?



2015-03-26(Thu)
 

パッド交換

思うところがありまして・・・パッド換えてみました^^;

フロントです。

ご存知のように今は「純正キャリパー → ブレンボの旧カニ」に変わっています。

最初はカニに付いていたブレンボ純正パッド。
その後、べスラに換えたところ鳴きが凄くて!
面取りをしてみましたが鳴きがなくなることは無く、
またブレンボ純正パッドに戻しずっと乗ってきました。

で、前から気にはなっていたデイトナから出てる「赤パッド」なるものを
着けてみました。

s-2015-3-1268.jpg


ハッキリいってパッドの違いで
タッチ・効きはそう変わるものではないと(思っていました)

このあたりが難しいところで、
換えることによりかなり高望みをしてしまう。

結果、そのわりには・・・なんてことが多い。

しかも、同じ物でも人によって良かったりそうでなかったりと。

そんなこともあり、まあ着けてみるかということで(^_^)

この赤パッド・・・以前のはディスクの攻撃性がなんとかでとありましたが
現在のは改良されてだいぶ良くなったようです。

比べてみました・・・

s-2015-3-1271.jpg


写真ではちょっとズレていますが、当たり面はほぼ同じでした。
パッドの厚みは減った純正パッドのほうが厚い!

s-2015-3-1270.jpg


お昼休みに交換して走ってみました。
まず、鳴きは今のところ出ない。
当然ながら当たりはついていない。

それでも、今までのブレンボ純正やベスラとは違う!
握りこんでいったそのあとの「ギュゥーッ」ってのが出てきた(笑)

今まで無かった感触!

絶対的な効きを求めているわけではない。
あくまでもタッチというかコントロール性の向上。
その面からすると・・・期待がもてます(^_^)

少し走った程度ですが、まずまずの結果です。

さらに走りこんで行ってどうなるか?
お楽しみに

s-2015-3-1278.jpg

s-2015-3-1273.jpg


ブレンボカニ用のサポートです。
キャリパーを外した時しか見ることないので・・・。
ホイールの形状が左右対称でないので、サポートも左右でオフセットが違います。

それにしてもWディスクが必要なんだろうか?
200の時はシングルだし・・・。
SRMAX300は重量も最高速も上(多分)なのに同じ260ミリのシングルディスク。

スポーツシティはリアは効き・タッチとも十分なんですがね~。







2015-03-23(Mon)
 

ギアオイルは?

さて、先日のツーリングでは300キロほど走りました。

前日に交換したエンジンオイルですが・・・なかなか良いんじゃないでしょうか。

s-2015-3-1215.jpg


その前はアマリーでしたから激変とはいきませんが、
好感触です(^^)

そこで、次はギアオイルかな~。

3年と5ヶ月でまだ一度も替えてません(距離では12、600キロ)
だいぶ前に添加剤のスーパーゾイルを入れるにあたって、
添加する分だけギアオイルを抜きました。

この注入口から注射器みたいなので・・・(20ccくらい)

s-2015-3-1264.jpg


だから、新車からほぼそのままで。

ゲージを抜いて見たところ・・・「あっ、綺麗じゃん」
どころか、新油のような綺麗さ。

s-2015-3-1267.jpg
※ 赤いノズルの先がギアのオイルレベルです。この位置にあればOK。

3年以上ですからもっと汚れていると思ったので意外でした。

以前ヴェクスターのライトのバルブを換えてもうらう折、
ついでにスクーターのギアオイルについて聞いたことがあります。
某バイクもあつかう自転車屋さんでは「替える必要はない」と^^;
「まず、換えない」とも。

減っていれば足す・・・そんなふうに言われました。

う~ん、どうなんでしょう?

ミッションのバイク(5速とか)ほど、ギアが過酷ではないにせよ
それなりに極圧がかかっているだろうしオイルも劣化してくるから
ある程度の距離で換えたほうが良いように思いますが・・・。

で、アプリリアの取説にはギアオイルは「GL-4,GL-5 75W-90」とあります。
容量は250ml.。

指定の粘度にこだわると以外と選択肢が限られる。
ヤマハとかカワサキの純正もありますが、少し粘度の範囲がずれたりします。
80Wとか90のシングルグレード。

多分、これでも問題ないと思うけど。

モチュールだと・・・75W-90があります。
1Lで3,000円! 高っ!

余ってしまうし、250mlしか使わない。

やっぱ、バイク屋さんでやってもらったほうが余分が出なくて・・・。

もう少し様子をみます。



2015-03-22(Sun)
 

半年ぶりの水窪へ

オイル交換の翌日、水窪へ行ってきました。

去年の9月に「しらびそ高原」へ行ってますから、半年ぶり。
朝8時半過ぎに出発。

金谷から森町へ抜けるいつものルートが・・・「通行止めじゃん」
途中まで行ってから・・・。
中途半端な看板が確かに手前にはありましたが・・・。

無視してそのまま行ったところ市境(町境)あたりにバリケードで遮断(-_-;)

結果、家山から森へ抜けました。
戻る時間と遠回りで1時間ほどロス。

いつもとは違い152号を逸れ
途中、天竜川にかかる雲名橋を越え県道285へ。
雲名橋を渡り、真っ直ぐ行くと「天竜スーパー林道」へ(現在冬季通行止め)
秋葉神社の上社には行けます。

s-2015-3-1225.jpg
橋の向こう側が国道152号。その対岸の県道285号を川沿いに上がって行きます。
信号なし、対向車まず無い、追いつく車も無しという絶好の条件。
路面は許容範囲で良い感じで走れます(^.^)

こちらから秋葉ダムを見ることは初めてです。

s-2015-3-1229.jpg

「大輪橋」。この橋が国道152号で左側からの県道285号と合流します。
BMWのライダーとしばしお話を(^^)

s-2015-3-1232.jpg


水窪には12時ちょうど着。
もう寒さはそれほどでもなく。

今回は水窪のさらに奥まで。
この地区はけっこう入り組んでいて奥が深いんです。
前から気にはなっていてTVでも話題になった集落はどんなもんだろうと。

s-2015-3-1238.jpg

お笑いの「U字工事」が大沢集落を訪ねた番組で紹介された「ほつむら」という農家民宿。
天空の里としても有名だそうです。

ところが、ガソリンが心配。
152号沿いはスタンドが少なく水窪町内にあるスタンドはすべて休み。
計算だとあと3L。
ほつむらまではキツイ登りだし、帰りは山住神社を経由することを考えるとギリギリ。

結果、ここで引き返すことに。
天気も良くエンジンも良い感じでしたので残念でした。
これは次回に・・・。

水窪は幹線道路でも空いていますが一旦そこから逸れるとさらに交通量が少なく、
ストレスなく走れます。
ず~っとこんな風景の中を・・・。

s-2015-3-1244.jpg

つづく・・・

2015-03-16(Mon)
 

オイル交換・・・その2

考えてみると3年半で自分でオイル交換したことがありませんでした。

いつも「Sーファクトリー」さん任せ。

今回、初です(^^)v

まずはオイルドレン!
多分、24ミリで良いと思うんだけどいちおう確認。

使えそうなレンチを並べて・・・。

s-2015-3-1200.jpg


23ミリ・・・入らない。
15/16・・・インチ? としたらミリ換算で23,81。いちおう入る。
24ミリ・・・少し遊びがあるけどたぶんこれ。

24ミリならインパクト用の6角が使えそう。
ナメル心配もなくて。
掛かりが浅い分やっぱ6角ですね。

ここでサイドスタンドの重宝さが分かります。

緩めるには問題ありませんが、オイルの出口にセンタースタンドが。
ジョウゴのようなものをオイルの出口にあてて横に逃がしながら排出すればなんとか・・・。

そこで、ドレンを少し緩めスタンドを外してからドレンボルトと中のストレーナーを出す。
助手にハンドルで支えてもらい車体をこちら側に傾けてオイルを出やすくしました。

s-2015-3-1203.jpg

十ヶ月にしてはオイルの汚れは綺麗なほう。
ストレーナーも出した直後ですが、汚れもなくゴミもまったく無く。

s-2015-3-1207.jpg

ところで、オイル容量は?
調べたところ1,1Lだったり1,2Lとも。
まあ、少なめに入れてゲージで確認しながら足りない分を足せば済むことで。

そこで、排出した古いオイルをメジャーで計ったところ・・・約880ml。
1,1Lとしたら中にはまだ200mlほどある。
エレメント替えないからまあそんなもん。

交換前のゲージはどのあたりだったのか?

一般的に入れすぎは良くないどころかダメ。
ゲージのミニマムならまあOK。
中間なら安心(笑)

そこで900mlを入れました。
少し走ってから再度確認。

オイルを入れるにはステンのジョウゴ。
チョット斜めですが・・・。
このあたりはもう少し考えないと。

s-2015-3-1218.jpg

s-2015-3-1221.jpg

オイル交換後、久々に大久保区キャンプ場まで。
元々、良いオイルを入れていてタレも少なかったせいか劇的な変化はありませんが、
スムーズ差が増したように思います。

次回は秋頃かな。

※ 走行距離 12、600キロ








2015-03-14(Sat)
 

オイル交換・・・その1

確か、前回交換したのが去年の5月(^_^)

ということは・・・十ヶ月経ってる(汗)

バイクの場合「3千キロもしくは半年」での交換を目安にしています。
あくまでも自分の中では・・・。

オイルの良し悪しでも交換のサイクルも変わってきますし、
難しい面もあり面白いものでもあります。

で、十ヶ月で走行距離が2千キロあまり。
乗ってないですね~。

距離だけでいえばもう少し引っ張っても良いのかも。

その前に・・・。

今日の朝、アマリーとYACCOの正規代理店にオイル買いに行ってきました。
静岡市清水区で国道52号を山梨方面に向かう途中にあります。

藤枝からだと1時間チョット。

「オイル屋さん」という珍しい商売?

いわゆる安売りをしない、量販店なんかには置いてない(多分)。
輸入車を扱っている車屋さんでは置いてあるところもあるようです。

まあ、オイルに関しては星の数ほどではないにしても色~んな銘柄があり、
そこそこのグレードであればそう問題になることもない。

あえてアマリーやYACCOを入れる必要はない。

それでもこういったオイルを入れるのは、ほんのチョットの+αを求めるからかな。
人によってはそれが大きかったりすることもある。

今回はパルサー用とスポーツシティ用の2種類。

まず、パルサーにはアマリー「インペリアル」10W-40。
これ、鉱物油なんです・・・今時珍しい。
旧車ではいまだに使うこともあるようですが、
一般的には化学合成油>半合成(部分合成)>鉱物油とランク的には下がって行きます。

事前に下調べして「アマリーの半合成の10W-40」と言ったら「まずは鉱物を使ってほしい」と。
「驚きますよ!」とも。

ベースオイルの違いはあるにせよ、今までの先入感からするとどうもね~

でも、話を聞いているうち「使ってみよう」と(汗)

次にスポーツシティ!

これも候補として2種類のうち安い方に。
100%合成から→半合成のYACCOを。
「他社の100%合成を凌ぎます」の歌い文句と
「クラッチの切れは抜群」、「サーキット走行まで対応」ともありました。

スクーターだからクラッチは無いものの「まずはこれを」と店主が。
次回にもうワンランク上にしたらどうかと。

そんなわけで買ってきました。

s-2015-3-1197.jpg

アマリーは1クォ-トボトルですから容量は1,000mlを少し欠けます。
YACCOは1Lボトル。





2015-03-14(Sat)
 

ツーリングの予定でしたが

富士SWの走行会以来、3週間ぶりの日曜休み。

なにかと日曜は用事やらなにやらで・・・。

休みが取れたのでチョット出かけてみようかと。
だいぶ寒さも和らいできたし凍結の心配もなくなったので。

そこで、前日から空気圧・ガソリン・積載工具のチェック!
予報では日曜は晴れ
ところにより一時雨 ←微妙で。

5時に起きて外を見たら・・・「雨じゃん」
霧雨。

「う~ん、少し様子を見るか」

目的地はいつもの天竜方面。
どうも向こうはもっと悪いような。
仮に雨があがったにしても路面は濡れてるだろうしな~。

9時。
晴れ間が広がってきた(^_^)

新東名で金谷から浜松浜北まで乗ればまだ時間的にはいけそう。
どうしようと迷ったあげく・・・中止。

お昼過ぎ、また雨がパラッときました。
やめて正解だったのかも。

そんなわけで久々のツーリングのつもりが延期となりました。

若い頃だったらこの程度の雨なんかどうってことないんですが・・・。
やっぱ歳かな~

s-2015-3-1183.jpg
※この後に及んでですが、サイドスタンド欲しいな~。
  買ってからもう3年半近く経っているのに。

2015-03-08(Sun)
 
プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター