マスター交換、その後

2月は2週続けての大雪で地域によっては大変なことになっています。
9日の日曜も富士SWでの「パルサー全開アタック^^;」が中止となり、16日はさらに大雪であっちこっちで通交止めやらで大混乱。その影響で富士SWが1週間以上閉鎖となりました。

で、今日の日曜です。
久々に晴れました。
寒さもそれほどでもなく、バイクびより!


ところで懸案のフロントブレーキマスターの交換ですが、十日ほど前に「S-ファクトリー」さんにメールでその旨を送っておいたんですが・・・返事がなく(忘れちゃった?)

お昼過ぎに電話をしてみました。
とりあえずハンドル回りの状態を見てもらおうと。

前回にブレーキオイル交換の際「なんとかなるかな~」とのことでしたが、今日の説明ではかなり難易度が高い!

こちらとしては楽観的に考えていて多少の外装のカットでイケルんじゃないのと思っていました。

まず、スイッチBOXをそのまま使うのは難しいと。
さらに別体式マスターよりは一体式(今付いてるのような)の方が収まりが良いとも。

s-2014-2-0016.jpg


シロート考えではスイッチBOXはそのままでその外側にハイスロ、内側(スイッチBOXの左)にマスター。
と、簡単に考えていました(^_^;)

そもそもスロットルの受けがマスター側にあるというのが難しい状況を招いています^^;

s-2014-2-0018.jpg


バーハン仕様ならかなり融通が利くそうです。

どうしてもというならスイッチBOXは他のバイクのを流用し(幅の狭いのね)、外装も大幅にカット、モードスイッチは別に移設等々。

そんなわけで、マスター交換は思った以上にハードルが高い。

でもまだ諦めていません。
プロの話を聞いてなるほどそうかと納得する反面、
まだなんとか他に方法があるんじゃないかと。


アトラン200あたりの純正が使えそうな気がしますが・・・。


それから、例のフォークのオイル漏れ。
見てもらったところ「きてますね~」と言ってました(笑)

「イタ車だからね~」とも。

シールキットの入手は大丈夫だそうです。
純正はもちろんそれ以外でも可能なようです。
いろんな調達ルートがあるんですかね~。

優先順位としたらフォークオイル漏れの修理が先ですから。
当然ながら片側だけでなく左右やってもらいます。
今現在走行1万キロ弱です。


スポンサーサイト
2014-02-23(Sun)
 

海外通販

例の海外のサイト。
アプリリア純正部品を扱っています。
UKですからイギリスです。

そういえば20年も前になりますか、UKからルノーのパーツを何度か買ったことがあります。
夜中に向こうからFAXが届いてビックリしたことがありましたが^^;

で、フォークのシールキットがあるか探したところありました!
が、製造メーカーの違いがあるようで「VERIFY THE SIGN ON THE SLIDER」とあります。

s-2014-1-0352.jpg


フォークのどこかに刻印みたいなものがあるはず。
おそらく「SLIDER」だからアウターチューブあたりかなと見回しましたが見当たらず。
さらに探したところ、アウターチューブの内側のシャフトが通るすぐ上あたりになにかある(指で触ってみて)

タイヤを外せば見えますが、そういえばあれがあったっけ!
と、工具箱からミラーを。
「うっ、割れてんじゃん」(泣)

s-2014-1-0339.jpg


が、破片がうまい具合に使えました(笑)

s-2014-1-0343.jpg


Aがひっくり返ったような文字が!

なんて読むんだろう?
まあ、違いがわかりましたのでオーダーする場合はこれで大丈夫。

でも「Ming Xing」ってどこ製?中国とかベトナムあたりかな~。



ところで、今は円安なので海外通販も安くはありませんが国内で手に入らないような物は利用価値があるでしょう(きょう現在で1ポンド167円)

2014-02-09(Sun)
 

マスターの交換は難しい!

え~、先日以来ブレーキのことでフォークオイルの漏れの事はどこへやら^^;

あれからブレーキについて色々と調べた結果「マスターシリンダーが大きすぎるとタッチが固くなり効かない?」との情報がありました。

概ね、キャリパーに対してマスターが大きすぎると握りが固くなるというのは確かなようです。
うちのスポーツシティも最初に比べればかなり良くはなりましたが、握った時の固さは多少の変化はあったものの根本的には変らない。

フロントのマスターはどうも14ミリらしい。リアは12,7ミリのようです。
フロントはWのため14ミリにしたんでしょうか。

そこで、試しに14ミリより小さい(たとえば12,7ミリとか11ミリ)ものに替えてみれば違いが分る。

ところがギッチョン^^;

そうは簡単ではない・・・どころかかなり難しい!
アクセルホルダーがマスター側に付いているという特殊な造り。

たしかスカラベオ500に乗ってる方もマスター変更&ハイスロ装着でかなりの難儀をした記事がありましたが、自分でなんとかしてしまうほど技術レベルがあるので出来たようです。

で、アプリリアの純正部品を扱っている海外のサイトのパーツリストから使えそうな車種からマスターを探してみました。

s-2014-2-0371.jpg


スカラベオやスポーツシティ125、200にマスターの形が似たのがありました。
当然ながらシングルディスクだから容量は小さいはず。
ただスロットルワイヤーが1本。

250は2本出てるし・・・。

マスター側のスロットルの受けが同じなら今の250のがそのまま使えるかも。
ただ、値段が高い! 250のスポーツシティの倍の値段。
排気量が小さい方のマスターが倍もするとは!

もし買ってダメだったら無駄になるしね~。
人柱にはなりますが(笑)

ところで、スクーターによってはハイスロやマスター変更がすんなりと行く場合もあるようです。
国産車スクーターのほうが融通が利くようです。



じゃあ、どうしましょう?

まず、マスターを社外品に替えれば必ずスロットルを変える必要がある。
あくまでもセットになります。

純正流用できれば一番良いのかもしれませんが、パーツの調達を考えると社外品で組んだほうが後々楽かも。

マスターも別体式のコンパクトなのもあるし、ハイスロもインジェクション用も各種あるようですし。まあ、外装をカットしたリの加工は必要かもしれません。

すでに、そちらの方向に傾いています(汗)


いずれにせよ「S-ファクトリー」さんに相談してみます。


その前にスポーツシティ、いつまで乗るんだろう


※楽しみにしていた富士SWの走行会は雪のため中止になりました。
 残念です。延期してくれれば嬉しいんだけど無理かな~
2014-02-08(Sat)
 

フロントもベスラに・・・続き

純正のキャリパーからブレンボのカニに換えたのが昨年の夏前(だよな?)

しばらくはその状態で乗っていましたが、
さらなる向上を期待してデイトナのシンタードパッドに交換。

「う~ん、思ったほどでは」というのが感想(^^ゞ

で、今回のベスラのシンタードになるわけです。

s-2014-2-0415.jpg
意味もなく並べてみました

デイトナのパッドの残量は新品のベスラと少ししか違いませんでした。
前回交換後からそれほど走っていないこともあります。
結果、新しいパッドをキャリパーに付けるにあたってピストンを戻すのもわずかだけ。

そんなわけで、ピストンにメタルラバーを吹くについても本来はマスターシリンダーのフタを外したほうが良いんでしょうが、そのままやりました(メンドウなだけ^^;)

新しいパッドピンはβピンで留めるため脱落防止にステンのワイヤーで留める旨の説明書がありました。たまたまステンの針金がありましたのでこんな感じでプライヤーで留めて。

s-2014-2-0416.jpg

サポートに取り付けるボルトにはロックタイトのネジロックを少し塗りました。
こういう物塗ったほうが良いのかどうかわかりませんが、緩んで外れたら大ごとだしあまり塗ると緩める時に苦労するから案配が難しい。

このロックタイト、20年以上前に買ってそれ以来でしたがまだ使えました。
パッケージはハゲてなにがなんだか・・・。

ルノーのパッド交換は何度かやりましたが、バイクはこのスポーツシティが初めてです。
自分でやってみて、あらためてプロの仕事は手早いというか効率が良いというか。
シロートの場合、考え考えやりますがプロは自然に手が動いているようです。

本来ブレーキ回りは重要部品ですのでプロに任せた方が安心です。
それでも自己責任であれば何かと覚えるし作業から得るものもあるかと

今回「あれっ」と思ったのがパッドを外した状態でブレーキレバーをゆっくり握った時、思いの他ピストンの出る量が少ない。

右側のキャリパーはそのままですから、左側キャリパーのパッドを外した方のピストンは一回握っただけでかなり出るものだと思っていました。握りすぎてピストンが飛び出したら大変なことですから。

それがひと握りで出る量は2ミリあったかどうか。
対向ピストンですから二つのピストンが同時に出てくるにしても少なく感じました。

こういう経験は初めてですから他と比較してどうのということではありませんが。

パッドに関しては今までのも面取りしてませんのでそのまま付けました。


一通り取り付けを確認して試乗してみました。


フロントの片方のキャリパーのパッドを替えただけで、まだアタリも付いてない状況ですが違いますね~。
握りこんで行った時のコントロール性が上がった感じ。
劇的というわけではありません。が、体感できます。

基本的にこのスポーツシティのブレーキはキャリパーを換えても大枠で見ると方向性はそれほど変らない(チョットわかり難いかな)

フニャフニャ感はまったくなく、良く言えば「カチッ」としてる。
ブレーキの立ち上がりが早すぎるように思う。
最初はもう少し遊びがあっても良いのかなとも。

感覚的なものは口で表現するのは難しいんですが・・・。

次は右側のキャリパーのパッドを換えてみます。
ベスラの良さがわかりましたので。
同じシンタードにしますが、レジンのパッドも評判が良いようです。
低温域での効きはレジンも侮れないとか。


話はまったく変りますが9日の日曜に富士SWへ走りに行ってきます。
スポーツシティでなく車です。それも20年落ちの国産車。
待ってろポルシェ、待ってろフェラーリ・・・ハッハッハ~(^_^;)

2014-02-04(Tue)
 

フロントもベスラに

先日のリアブレーキのパッド交換に続き、フロントも替えてみました。
片方のみで左側のキャリパー。

パッドはこれ
s-2014-2-0395.jpg

ドゥカティのリアにも使われているようです。

ついでにこれも
s-2014-2-0377.jpg
ステンレスのパッドピン。

で、キャリパーを外すにあたって事前に元々のボルトを締めこんだ位置を確認。
なにしろトルクレンチはあるものの締め付けトルクが分らない。
もっと言えばトルクレンチをあまり使ったことが無く不安もあるので(大笑)

サポートがアルミだからボルトの締め付けには気をつけないと(ナメてしまう恐れもある)

s-2014-2-0408.jpg


そこで、キャリパーとボルトにペイントを。位置決めですね!
(去年キャリパー交換時に自分で塗っておきました。緩んでもわかるように)
締める時はこの位置が目安になります(なにぶんシロートなので)

s-2014-2-0399.jpg


外したボルトは上下わかるようにゴザに^^;
s-2014-2-0402.jpg

パッドピンはEリングを外して向こう側からこちらへ叩いて抜きました。
キャリパーが新しいわりにけっこう固かった。

s-2014-2-0406.jpg

パッドピンの比較

s-2014-2-0413.jpg

今までのはカラーのようなものがついていました。

パッドを交換する前にレバーをニギニギしてキャリパーのピストンを少し出してメタルラバーをピストンに吹いてまた戻す作業を何度かしました。

どのくらいまで出したら良いのか分らないのでビクビクしながら(笑)

ピストンの戻しは手で出来ました。
ピストンはほぼ均等に出て!

続く・・・

2014-02-04(Tue)
 

部品の入手

いわゆる「外車」の場合、パーツの入手で難儀したりすることもあります。
特に台数があまり売れてないのは2輪4輪問わずそう。

バイクですとドゥカティやハーレーは台数も出てるし色んなルートで部品が手に入るようです。

で、アプリリアは・・・売れてない^^;
しかも、昨年でしたか横浜のパーツセンターがなくなり
おそらくほとんどのパーツはその都度イタリアからの取り寄せになるようです。

オイルエレメントくらいは在庫としてあるでしょうが(汗)

元々、アプリリアは正規の販売店以外にはパーツの供給をしないと聞いたことがあります。
まだパーツセンターがあった頃は少しは融通してくれたかもしれません。

現在のように販売網も縮小された?状況で前述のようにその都度の直輸入ともなると、どこかのバイク屋さんが修理で部品が欲しくてもかなり難しい(おそらく無理かも)

そこで、今回のようなフォークの修理を正規の販売店以外に頼んだ場合どうなんだろう?
実はブレーキオイル交換の時「S-ファクトリー」さんにそれとなく聞いてみました。
そうしたら「何とかなるでしょう!」とのことでした。

外車でもメジャーなスポーツバイクですと純正以外のオーバーホールキットがあるようです。
じゃあ、かなりマイナーなスポーツシティでは?

多分ないだろうな~(泣)

そんなわけでルノーの時のように海外通販を探してみることに。

続く・・・




2014-02-02(Sun)
 

オイル漏れ?

リアブレーキの効きに気を良くしていたきょうこの頃です^^;

次はフロントを!

パッド交換はどうするんだろうとキャリパーの取り付け方を確認。
交換にはキャリパーをサポートから外す必要があるようです。

で、よ~く見たら右側のキャリパーからサポート、フォーク周りが何か濡れてる(汗)
指で触ってみるとあきらかに油。

s-2014-1-0363.jpg


先日、ブレーキオイルを交換してもらいましたがそのオイル?と思いましたが



どうも違うようです。

いつからでしょう?
気が付きませんでした。

どうやらフォークのオイルのようです。
シールでもやられたかも(-_-;)

s-2014-1-0355.jpg


滲んでるというレベルではないようです。

ふき取ってしまったので漏れの程度が・・・。
バイク屋さんに見てもらえば良かった。

多分、フォークからのオイル漏れは間違いないと思います。
すでに、保障期間は過ぎているしな~。
もしかしたらけっこう前からだったのか?

やっぱ、マメに見ないとダメですね!

ルノーサンクに乗っていた頃はたいした事出来ないながらもしょっちゅう下回りやエンジン周りを覗いていましたが、そのおかげで大きなトラブルには至りませんでした。

さて、フォークからのオイル漏れだと大ごとです(ToT)/~~~

自分でやる知識も技術もありませんので頼むことになりますが、パーツの入手が問題です。
信頼がおける「S-ファクトリー」にお願いした場合シールキットが手に入るのかどうか。

正規の販売店はそのあたりはまったく問題はありませんが、今までの経緯を考えると気が進まないしね。

まあ、いずれにせよなんとか対処を考えます。

2014-02-01(Sat)
 
プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター