ブレンボ、リアは付きません。

昨日のインプレでチョットカン違いがありまして、「右側のサポートを鉄とかステンで作れば薄く出来てローターを逃がさなくてカラーも要らないかも」なんて書きましたがこれは間違いです。

そもそも右側はローターが標準の位置でカニキャリパーを付けるとホイールに当るわけですから、キャリパーをホイールに当らない位置まで逃がせば当然ながらその分ローターも移動する必要がある。

もしローターを移動しない状態でキャリパーを交換するならブレンボのカニ以外の物を探す必要がある。
旧のブレンボのカニはどうなんでしょう?寸法は同じなんでしょうか・・・。

ところで、シングルディスク化の事。
探したところ・・・スポーツシティの200はシングルディスクでした。

s-2013-5-14.jpg


排気量は200と小さいものの車重はほぼ250と同じ。
パワーが上がった分、制動力もUPする必要があったのか?
出来の良いキャリパーであればその必要は無いと思いますがいかがでしょう

それからリアブレーキ!
ブレンボと取り付けピッチが同じでは(84ミリ)と期待したんですが、ほんの少しの違いでボルトオンは出来ませんでした。なぎさ製作所で純正キャリパーを外しブレンボをあてがってみて確認。

s-2013-4-0201.jpg


この、ほんのわずかの違いが逆に取り付け不可になります。
サポートどうこうという問題ではありません。
取り付けピッチが大幅にというか、まったく違っていれば何とかなったのかもしれません。
リアに関しては純正でも十分ですのでこのまま行きます。

スポンサーサイト
2013-05-29(Wed)
 

ブレンボのインプレ

昨日と今日の夕方、ブレンボがどんなもんか蔵田方面まで走ってきました。

その前に・・・ブレーキが効く、効かないは感じ方人それぞれ。
「簡単にロックするほど効く」なんて表現をする人もいますが、意識してロックさせるのか握ったとたんにロックしてしまうのか?

こっちの意思とは関係なくロックしたらそれは恐いことです。

で、スポーツシティの場合は純正のブレーキは効くか効かないか、どっち?
といえば効くと思います。
ただコントロール性が無い

コントロール性云々はもしかしたらうちのスポーツシティだけかもしれない。
なにしろイタリアンですから^^;

そんなことも踏まえて交換後は・・・。

客観的に見ても良いです! 今までとはまったく違います。
握り込んで行って最後で「ギューッ」と。
分りますかね? この感じ。

今までの不安はどこへ行ったんでしょう(^^ゞ

絶対的な効きはそう変りはないのかも。
ただ、そこまでのコントロールのし易さはぜんぜん違います。

安心感というかリラックスして乗れるというか・・・。

基本的にバイクに乗る時は左右とも指2本をレバーに掛けていますが、2本で十分コントロールできます。蔵田の下りでも今まではビクビクしながらフロントに神経を集中していましたが、それがなくなりました\(~o~)/

ライディングにメリハリが出てきたような気がします。


今回のキャリパー交換の参考になったのが「スカラベオ500」に乗っている方のブログ。
その中にブレーキを掛けた時の「シュゴー」という音がするとありましたがホントでした(笑)

それから「ブレーキが効くのって、こんなに幸せなんだ・・・」ともありましたが、確かに。
私の場合は「コントロールしやすいって、こんなに幸せなんだ・・・」と思います。

では、今回のキャリパー交換を誰にでも勧めるか?

う~ん、難しいところです(安いもんでもないし)
メジャーなバイクならブレンボがボルトオンで付くサポートも売ってたりしますが、
スポーツシティのようなマイナーなバイクの場合は今回のようなワンオフになってしまう。
今現在は私が人柱になりましたので、データは残っていますから少しは安くなるかな?



そんなわけで、まずは純正のキャリパーをちゃんと機能させる事からはじめましょう。
片押しのキャリパーだから動く所はスムーズに動くように。
そのあとパッド交換でも(マロッシのシンタードのパッドで少し良くはなりましたが・・・)

先にも話しましたがなにしろイタリアン品質ですから人によっては「うちのスポーツシティのブレーキはまったく問題ないよ!」なんて人もいるでしょう。

そんな人はキャリパー交換なんてする必要もないでしょう。

それでもしてみたい方!掛かった費用等をあげておきます。
参考までに。

・ キャリパーサポート左右1セット
 ジュラルミンA2017厚み15㎜まで(設計製図、アルマイト込み)¥33600
・ キャリパーブレンボカニラージ@¥15225X2 ¥30450
・ ブレンボ用バンジョウボルト(ステンの場合)シングルX1¥1050
・ ブレンボ用バンジョウボルト(ステンの場合)ダブルX1¥1260
・ 追加ディスクローターアダプター 白アルマイト 1 ¥7350-
・ 取り付け工賃 ¥6300

  合計金額¥80010 ・・・(キャリパー代込みですからリーズナブルな金額では)

追加分のカラーがありましたが概ね予想していた金額内に収まりました。

中にはキャリパーサポートを自分で作れる人もいるでしょうから、そうすればもっと安くあがるでしょう。
右側のサポートを鉄とかステンで作れば薄く出来てローターを逃がさなくてカラーも要らないかも。
もしかしたら方側のみ(シングルディスク化)でブレンボの4ポッドも工夫次第では付くかな?誰かやってみて(笑)







2013-05-28(Tue)
 

ブレンボ付いた!

ごぶさたです(^^ゞ

ブレンボ、付きました!

昨日、連絡がありましてさっそく今日の朝一に伊豆までスポーツシティを取りに行ってきました。

7時に家を出て伊豆の湯ヶ島には10時過ぎに到着。
瀬戸谷も山合いにありますが湯ヶ島はもっとのどかな、まったりとした田舎です。

で、取り付けについて色々と説明を受けました。
当初の予定とは少し違ったようでして・・・。

問題は左右でサポートのオフセットが違う。
というより左右対称でサポートを作ったら右側が付かない。
ホイールにキャリパーが当ってしまう。

s-2013-5_0320.jpg

↑ よ~く見るとスポークが右側に膨らんでいる。逆に左側は内側に向け反っている。
 だからサポートが同形状(オフセットだけ逆)だと右側はカニキャリパーが付かないことになります。

そこで右側はキャリパーがホイールに当らないようにサポートも逃げてなおかつローターもその分外側に逃げています。

s-2013-5_0315.jpg
↑ 分ります? ローターの内側にアルミーのカラーが。
  ローター取り付けボルトも純正だと当ってしまうのでステンで作ってもらいました。

s-2013-5_0303.jpg

↑ブレーキホースそのものは、そのまま使えたようです。
バンジョーボルトの角度が90度変ったためこんなふうに外側に出てしまいますが、まあそれほど支障はないでしょう。 ホースを新しく真っ直ぐなものに替えればもう少し収まりは良くなるかもしれません。とりあえず様子をみます。

s-2013-4_0205.jpg

↑※比較の意味で純正キャリパーはこうでした

s-2013-5_0305.jpg


s-2013-5_0310.jpg

今回付けたブレンボの新カニはピストン径34Φ。
2Pの対向ピストン。
色も黒でブレンボとは誰も気付かない(笑)


お世話になった「なぎさ製作所」のブログにもキャリパーサポートの製作の様子が載っています↓

http://www.nagisa-p.com/


さて、ブレンボに替えてどうだったか?
これについては明日にでも(^^♪




2013-05-27(Mon)
 

明るい!

昨日のバルブ交換後、今日の夜走ってみました。

明る! こんなに明るかったか?

しかも今まで付いていたバルブはクリアでなくブルーにコーティングされたもので、それもあってか余計に明るく感ずるのかも。

これから夏場は夜に乗る機会も増えますので安心です。

で、例のプーリー・・・もう来ました!

ネットで頼んだの昨日だよな~。それが今日のお昼には到着! 速っ!

アドレスV125の台湾製のプーリー。
s-2013-5_0145.jpg

SUZUKIって書いてあります。
漢字で「台鈴機車」ともあります。

現在生産されてるアドレス125は台湾製だそうですから、このプーリーは向こうでの純正品? 国内で純正部品を注文しても同じ物なんでしょうか。

まったく同じ物だったら安いしわざわざ国内で買うこともないでしょう。
ちなみに値段は2,900円でした。

s-2013-5_0146.jpg

付属のウエイトローラーの重さは1個17g。 
ヴェクスターの標準は14g(今はアドレスV100の12,5gに替えてあります)

プーリーの形状が違うのでいちがいに比較できませんが、どう変るのか楽しみです。

s-2013-5_0149.jpg
                     ↑ スズキのマークがあります。

スクーターの仕組みはな~んとなくわかる程度の知識しかないので、少し勉強しないと^^;


2013-05-15(Wed)
 

バルブ交換

バイクの場合、かつては日中にライトを点灯してればパッシングされて「点いてるよ~」と注意されたもんです。

それが今では常時点灯!

昼間だと以外と乗っている本人は点いているのか、そうでないのかは分らない。
たまたま先日の夜走ったところ・・・点かない。
ハイビームはOK!

ロー側がダメ。

そこで今日のお昼すぎ茶町にある「あの自転車屋さん」に行ってきました。
フロントのブレーキSWも機能してないようで・・・。

自転車屋さんですがスズキのスクーターも販売してるのでブレーキSWの在庫はあるかもしれないと(かすかな希望ですが)

残念、ありません。

とりあえずバルブを見てもらいました。

またまた恥ずかしいことにヴェクスターはバルブが左右2個付いていました。
1個でローハイの切り替えだと思っていましたので^^;

で、左右ともロー側のみ切れている。自転車屋さん曰く「1個先に切れてそのあと2個目が切れたのでは」。
ひとつ切れても気がつかないこともあるとか。

同時にロー側が切れることはそうは無いそうです。

夜走ることはほとんど無いからロー側しか使ってなかった。
たまにはハイビームにしたほうが良いようです。

ブレーキSWも戻りが悪いようで、接点復活剤を吹いたら直ってしまいました(^^)
新品に交換しなくてよかった。

直ったヴェクスターのライト

s-2013-5_0143.jpg


s-2013-5_0142.jpg


あとはオイルのドレンボルトの注文。
以前外したところネジ山がチョット変になったなところがありまして

しかもスズキのドレンボルト・・・細いんです。
なんでこんなに細いんだろう?

締めこむ時は慎重にも慎重にやらないと。

まずは手で丁寧にやるのが基本だと思いますが・・・。
最後は工具で適正トルク!(とはいえトルクレンチまでは必要ないでしょう)

中古の場合、前にどんなバイク屋が整備してたのか?それともシロートが自分でやったのか? そのあたりが分らないので不安なんです。

あっ、そうそう。先日のアドレス125のプーリーですがネットで注文しました。
台湾スズキの純正品という微妙なもの。
向こうでは純正品。国内に入ると社外品?

期待と不安が入り混じった格安品です(笑)

ところで、バイクの売れ行きのこと。
店主と話したところ「ぜんぜん売れてない」と残念そうでした。

かつて良かった時代は年間400万台余りあったそうです。
それが今や37万台チョットと1/10以下(スクーター他すべて含めて)
私も一時期バイクから離れていたので実感がありませんでしたが・・・。

乗ってるのは若手以外の中高年が多いとか。
確かに大型バイクはけっこう見ますし、とくにハーレーは国内では売れてるらしい。

私のような年代ですと、まずホンダのカブ。
その後250や350!
16才でいきなりあのCB750(砂型のクランクケース)のK0を買った凄いやつもいました。

18才で4輪に・・・まあ、こんな感じでした。

他に娯楽がなかったもの(笑)

時代だといえばそれまでですが、なんか寂しいですね~。
バイク、乗れば面白いんですよ!
なんでも良いんです。

カブ、モンキーなんかの原付でも目一杯走らせたらそりゃあ爽快です。
以外とバカに出来ないんですよ!

2013-05-14(Tue)
 

落ち着きます(^^)

昨日の連休最終日、しばらくスポーツシティには乗れないので久々にヴェクスターを引っ張りだし市内では一番標高の高い蔵田まで行ってきました。

s-2013-5_0073.jpg


家から20分ほどで行けますが、適度なワインディングが続きテストコースとしても

スポーツシティが来てからは乗る機会も少なく去年1年で100キロくらいしか走っていない。
バッテリーがあがらないようにたまにエンジンを掛けてはいますが、走ることは少なくなりました。

150CCという排気量のわりに走りのほうはそれほどでもない。
加速、最高速ももう少しあればね~なんていつも思います。
比べるのもなんですが、アドレス125には動力性能では完全に負けている。

が、安定感というかシットリとした乗り味がなんとも・・・(^^ゞ

ブレーキを少しバージョンUPしたせいもあり、安心してコーナーに入れます。
登りは圧倒的にスポーツシティですが、下りは変わらないかヴェクスターの方が速いくらい。Fブレーキのコントロールが良いのもあるのかも。

s-2013-5_0087.jpg
※いちおうブーキング社のローターですが小さいですね~。
ホント可愛いんです。タイヤが10インチですからローターの大きさが分ると思います。


そんなわけで、ごく一部には評価の高いヴェクスターですが、
スポーツシティが来ても手放さなくて良かったと思います。
アドレス125には無いものがヴェクスターにはある!

そのヴェクスターに朗報が(^^)

すでに製造中止で販売台数もそれほどではないので改造パーツがホトンドない。
駆動系もわずかにありますが選択支は限られています。それがあのアドレス125のプーリーがボルトオンで付くようです。
しかもかなりの性能UP! 出足もよくなり途中の加速も

なにより純正部品でコレができるのが大きい。

今、情報収集やら部品集めをはじめました(笑)
お楽しみに!

s-2013-5_0082.jpg
※蔵田の先の大久保キャンプ場まで。連休最終日ですが賑わっていました。地元ですがキャンプしたこと無いんです。県外からもけっこう来るようです。夏は涼しいですよ!
2013-05-07(Tue)
 

行ってきました

朝7時チョット前に伊豆は湯ヶ島に向け出発!

天候も良く、お日柄も良く(^^ゞ

富士川を越えてすぐの所にある道の駅までちょうど1時間。

s-2013-5-05.jpg

連休にしてはなかなか良いペース。
バイクも多かったですね~。

富士由比バイパスに乗ったらすぐに下りて県道380号へ。
海沿いの真っ直ぐの道を沼津まで。
交通量も少なく1時間半で沼津市街。

国道414号へ入ると交通量も多くなり30年前に走った当時の面影もな~んとなくあるような・・・。
136号との重複区間もありますが道なりに南下。

湯ヶ島に入ってから途中を左折! が、行き過ぎ
細い道路で標識はあるものの分かりにくい。

国道414号をそれてから5分ほどで到着。
ファクトリーの看板がありますが・・・見逃してまうかも。

ファクトリーではワンコが出迎えてくれます

s-2013-5-032.jpg

中は工作機械や溶接機やらなにやらで・・・。
バイクショップと言った感じではなく修理屋、機械屋さんと言ったほうが良いかも。

s-2013-5-033.jpg

建物の前も広くてな~んでも使えそう。

さっそくスポーツシティを運び込みキャリパーが付くかどうか寸法を計りました。
で、当初の考えではWディスクですからそのまま左右のサポートを作りキャリパーも当然ながら左右に。

もうひとつはシングルディスクに!

左のみでキャリパーをブレンボの4ポッド。
Wでなくてもシングルでも十分ではないかと。

現に、スポーツシティより40キロ重いSRMAX300はシングルディスク。
同じ260ミリのローター径。それならシングルで十分じゃん。
と思ったわけ。

それにメンテナンスを考えたらシングルのほうが楽だし。

で、たまたま4ポッドのブレンボがありましたので当てがってみたところ着きそう?
これは取り付けピッチが40ミリ(65ミリもある)
パッドのローターに対するあたり面を考えると微妙。
フォークのキャリパ取り付け位置(ボルトが入るところ)にキャリパーが干渉する。

s-2013-5-030.jpg


(※某スカラベオ500のブログに同じ4ポッドを付けた記事がありましたが干渉を避けるためキャリパー本体を削ったなんてことが載っていましたが)

ローター径がもう少し大きいのがあればキャリパーも外へ逃げるため4ポッドでも装着可能のようです。

そんなわけで当初のとおりWディスクの方向で行くことになりました。

キャリパーはブレンボの新カニでφ34。
旧カニよりも色んな面でこっちが良いとのこと。

ただ、バンジョーのキャリパーに対する取り付け位置(角度)が90度変わる。
ホースが融通が利くのか無理が掛からないのかそのあたりが心配ですが・・・。

場合によってはマスターからのブレーキホースを新しくするかもしれないと。
そのあたりはシロートの私には分りませんのでお任せすることにしました。

納期は今月半ば過ぎ。さてどうなりますか(^^ゞ

お世話になったファクトリーはこちら → http://www.nagisa-p.com/
「NAGISA PROJECT」(なぎさ製作所)



ところで、藤枝から湯ヶ島のファクトリーまでは120キロ。
行きは2時間40分。帰りは渋滞にあったものの3時間丁度。
連休中とはいえまずまずのペースで良かったです。

s-2013-5_0061.jpg

※帰りに出会ったトライク軍団。
修善寺での渋滞中でしたが、すり抜けが出来ない^^;
延々と続く車に挟まれて辛いだろうな~


2013-05-05(Sun)
 

伊豆まで

先日のキャリパーの件で明日伊豆まで行ってきます。
伊豆は湯ヶ島。修善寺よりもさらに南。

東京在住の頃は何度となく伊豆半島は走り回りましたが、藤枝に来てからはしばらく行ってないな~。
30年ぶりかも^^;

で、今日の夕方スポーツシティを軽トラに積み込みました(助っ人をひとり)

s-2013_5-0049.jpg


アルミのラダー初体験(笑)
後ろを押してもらいながら・・・。
ひとりじゃあ大変かも。

積んだところ・・・「いっぱいじゃん」
スタンドを立てた後、リアを二人でさげながら前へズリズリ!

けっこう重い!

少し斜めに振らないと入らないようです。

s-2013-5_0050.jpg


固定する箇所で悩みましたがまあこんなもんです。
キャリアも樹脂だからあまり強くテンションかけられないけど、まあ大丈夫でしょう。

こんな時サイドスタンドがあれば楽ですね~。

ごぞんじのように家は畳屋ですので押さえに小畳を使います。
キズが付かないように。

s-2013-5_0046.jpg

藤枝から湯ヶ島まで約3時間くらい。連休だから余計に掛かるかも。
沼津から国道414号を行くわけですが、30年も経っていればだいぶ変わっているはず。

朝7時出発の予定


2013-05-03(Fri)
 
プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター