クラウザー??

年度末の最終の日曜ですので、行ってきました(笑)

場所は「梅が島温泉」

静岡市街地から北へず~っと上がって行きます。安倍川の源流にあたるのかな?
山梨県との境。ここからさらに進むと山梨県側の身延に出るようです。
あいにく冬季閉鎖と道路の崩落の為通行止め!

s-IMG_0201.jpg

藤枝からですと約1時間半ほど(初めて行きました)
思ったより遠かった。
予報どおり小雨が降ったり止んだり。

路面の状況を考えるとボチボチの走りでした。

で、前の日の土曜に洗車とハンドルカバーを外しました。
時期的にもう、いらないだろうと。
それでももしかして・・・とハンドルカバーをシートの下に。

あんのじょう、途中から手が冷たくなり雨にもあったので途中で着けました。
上の画像には着いているでしょう^^;

ところで、帰りの道の駅で珍しいバイク発見!

「クラウザー? う~ん、微妙に違う」

オーナーは年配のオジサン(自分もオジサンの範疇ですが)

「クラウザードマーニ」・・・・よほどのバイク好きでないとこの名前は知らないでしょう。
私もかつて一度だけ見たことがあります。

そのクラウザー似のサイドカー、実はホンダのフュージョンベースで国内のショップがかつて製作・販売していたもので新車で200万円以上だとか。

販売台数は230台余り・・・。

オジサン曰く「重くて走りはどうも・・・」だそうです。
ただ「車検が無いのが良いね!」とニコニコ^^;

珍しいので画像を幾つか

s-2013_3-0205.jpg


s-2013_3-0213.jpg


s-2013_3-0206.jpg


s-2013_3-0211.jpg



s-2013_3-0210.jpg
↑カー側のホイールは10インチ。1本欲しいのに4本セットで買ったとか(笑)

本家の本物のクラウザードマーニは↓
s-domani.jpg

似てるでしょう^^;
もう20年以上前で700まんえんほど!
BMW直4、1000CCのエンジン。
今も現地で作っているんだろうか?

こういうフルカバードの場合、サイドカーでなくレース用としてのニーラーと言ったほうが当てはまるかもしれない。

別れ際「助手席には乗せることあるの?」って聞いたら「孫の守に、でももう大きくなっちゃったから乗らないけど」と言っていました。

ちなみにこのサイドカー(側車付き)は自動二輪の免許が必要です。
もちろんヘルメット着用。

最近良く見るトライク(3輪車)は普通自動車免許でヘルメットの着用義務のないものもあります。

ここあたりの区切りは微妙なようで、もしかしたら警察官でも知らない人がいるかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・

本日走行160キロ。

いよいよタイヤが心配です~

スポンサーサイト
2013-03-31(Sun)
 

スポーツシティあれこれ

めったにないコメントを頂きましてありがとうございます(^_^)

さっそくですが質問についてお答えします。

まず・・・「小物入れは?カギは?」

このことかな↓

s-2013_3-0160.jpg

ですが、実はココを開けたのは購入から数回!
もう1年と4ヶ月になるのにほとんど使ったことがない。
というのも、本当の小物しか入らないから(笑)

開けてみると↓

s-2013_3-0161.jpg

s-2013_3-0162.jpg

右側のスペースに工具が入っています。12Vの電源も奥に(使ったことありません)
左側にも何かいれるスペースはあります。でも、こんな狭い所に何を入れるんだろう?
登録証はこんな場所は不安なのでシートの下に入れてあります。

ちなみに工具はコレ↓
s-2013_3-0164.jpg

小物入れが防水かどうか? ・・・ 良く分りません。多少の雨なら大丈夫かも。大雨はどうかな~??
なにしろ建て付けが良くない。国産だったらこんな作りではないでしょう。
まあ、走りには直接関係ないので私の場合気にしませんが~^^;

ついでにシートの下はこう↓
s-2013_3-0168.jpg

おそらく半キャップのヘルメットしか入らないでしょう。
使っているヤマハのゼニスのジェットヘルは入りません。
s-2013_3-0178.jpg

↑飛び出てシートは閉まりません。

s-2013_3-0182.jpg

↑ココまでは閉まります(笑)

s-2013_3-0174.jpg
↑こんなプレートも貼ってありました。

結果、物入れは国産に比べ少ない(小さい)ということです。
やっぱリアBOXは必要なのかも。

・それから馴らしについて

納車~500Kmくらいまでは80キロ前後に抑えていました。
ただ、ついついアクセル開けてしまうので(汗)
500~1000Kmは最高100キロ程度に。
ジレラ・ランナーのようにタコメーターがあればね(回転数が目安になります)

あくまでも1000キロまではアクセルの開け方は「ジワ~」っと。
急加速は控えめに!

1000キロ点検後はガバッと開けてましたよ!

単気筒ですので良いオイルを使ったほうが良いでしょう。
今はワコーズの「プロステージS」 10W-40化学合成油を使っています。
ストリート用としてはまずまずの性能だと思います。
モチュールまでは必要ないのかも?(お金に余裕があれば入れてください^^;)

それからもうひとつ

改造するのであればまずはノーマルの良さを知っておくことも必要かな。
それぞれメリット・デメリットがありますから。

私の場合、マロッシのマルチバーを組んでいます。
音、振動が少し大きくなりました(許容範囲)
燃費はチョット

一番のねらいの「コーナーの立ち上がり」は良くなりました。
すり抜けなんかの低速走行はそれほど犠牲になりません。

こんなところかな~WW

2013-03-26(Tue)
 

手袋をとらないと

冬中、お世話になった「スポーツシティの手袋」。

ボチボチかな~、外すの(^_^;)

見た目は良くないけど、寒さには替えられません。
十分以上の仕事をしてくれました(ご苦労さん)

s-2013_03-2.jpg

その「手袋」をしたままプチツーリングに行ってきました。

夕方からは行事があったり、雨の心配もありましたので千頭まで行き国道362号を静岡市へ抜けるルート。

その前にプロテクターを着けて(汗)

s-2013_03-1.jpg

「RS TAICHI」の硬質プロテクター。これは1年中着けています。
冬場は保温効果もありもう離せません
夏もそれほどムレませんので。
これにブーツを履くので足元はまずまず安心では。

千頭までは休日のわりに空いていて良い流れでした。
ココで右折して362号を静岡市方面へ。

s-2013_0124.jpg

静岡市の境までは登りが続きますが、道路幅のある整備された道路でもったいないほど^^;

登りきったら今度は下りますが、道幅もかなり狭く急でしかもヘアピンが連続してなおかつ路面が悪いというスポーツシティにとっては3重苦!

まったく気が抜けません。手応え十分!!

前にいた125のスクーターも登りではぐんぐん差が詰まりますが下りに入ったらなかなか詰まらない。
こちもかなり頑張っているんですが、向こうも下りは元気いっぱいで軽快に。そうこうしているうちに後ろからはドゥカティが来るし^^;

こりゃあ頑張らんといかん(大笑)

さすがのドゥカもこれだけタイトなコーナーが続くと持て余し気味!
というより向こうは「おとなの対応」をしてくれたようでした

その後「冬場のスケートリンク」で有名な水見色小学校を見てきました。
毎年のように冬の時期になるとTVや新聞で話題になりますが、以外にも近くにあったのでビックリ!
標高もそれほど高くはないようでした・・・。

s-2013_0132.jpg

途中、国道362号をそれ、この橋を渡り岡部町の朝比奈まで山越えで抜けます。
橋の両サイドに橋脚がかかり上には新東名が見えます。面白い構造ですね~。

s-2013_0148.jpg

朝比奈の手前まで来ました。ココまで来るとな~んとなく一安心。
桜もまだ2分咲きと言ったところ。

s-2013_0157.jpg


本日走行130キロ。
2013-03-24(Sun)
 

コーナリングは?

ごぶさたです(^^ゞ

さっそくですがスポーツシティのコーナリングについて。

端的に言いまして「自分にとっては良い感じ」です(笑)

まず、足元がフラットのこういうスクーターの場合、まっすぐ走る分には特に違和感も不安もないでしょう。
カーブが連続するところでも流す程度であればこれまた普通のバイクと比べても不安感はありません。

で、ある程度気合を入れて走る時。当然ながらバイクは寝てきます。
そんな時はタンクが無くニーグリップ出来ないスポーツシティに不安がる人もいるかと思います。

が、これが思いのほか安定しているんです。
フロントが固いわりには路面からのインフォメーションもあり、私のようなレベルでもコーナーを楽しめます^^;

コーナーの進入にはリアのブレーキをかなり使います。
再々フロントブレーキのことを書きましたが、タッチが良ければもっとフロントブレーキを使うんですが、今はリア主体。

元々ミッションのバイクではフロントしか使わないほどだったんですよ!

さらにスポーツシティはエンジンブレーキがまったく効きません。
ミッション付きであればコーナー進入でアクセルを戻すだけでエンブレが効きますし、シフトダウンでも減速できますがそれが無い。

だから下りではシビア~なブレーキ操作が要求されます^^;

結果、コーナー進入はリアブレーキを少し引きずりながら寝かしクリップを過ぎたらアクセルをガバッと開ける。
ただ、低速コーナーは立ち上がりが苦手かな。一旦、速度が落ちると加速が始まるのにチョット待ちます。50キロ~からは気持ちの良い加速が始まりますが・・・。

よく走る川根筋や天竜方面でしたら、そこそこのミッション付きのバイクに付いていくことも

それからもうひとつ、シート高について。
815ミリのシート高は停止状態では足ツンツンですが、走っている分にはちょうど良い。
ハンドルとの高さ関係が具合良く。

最初座った時は目線が高く寝かすのに怖いのかなと思っていました。
でも、走りだすとそんなことはまったく感じません。

足元フラットでなおかつ高シートに不安な方、乗ってしまえばそんなことは忘れてしまいます(笑)
カーブも十分楽しめます!
なにより乗っている人がほとんどいないので満足感が得られます(^^ゞ

国内での在庫、残りわずかなスポーツシティをぜひどうぞ
2013-03-24(Sun)
 

始まりはこれ

面白いもので、普通のバイクに乗っていた頃はまさか自分がスクーターに乗るとは思いもよりませんでした。

途中、フランス車にはまった時期があるものの30年ほどバイクに乗ってきたわけですがスクーターとは無縁というか、違うジャンルのもの。悪く言えば「下」に見ていた。

それが、このヤマハのアプリオに乗ったことからスクーターを見直すことになりました。
たまたま、学生だった長男が名古屋で乗るからとオークションで購入。
長男に引き渡す前にどんなもんか試乗。それが面白いんです(^_^;)

s-paru-apu.jpg


原付なのに良く走る。2サイクルで規制前ということもあったのかもしれませんが、蔵田の天王坂も思いのほか軽快に登っていく! 
コーナリングも悪くない!

そしてですね~、
自分でも驚いたのがこのポジションが違和感がないどころかシックリくる

足をそろえてお行儀良く座る・・・これがまったく問題ない。

バイクはタンクが無きゃあ乗れない、ニーグリップしなければ不安でとてもじゃあない。
そう、長いこと思っていましたので

もし、このアプリオに乗っていなかったら未だにスクーターに乗ることも無かったでしょう。

その後、自分用にヤマハのアクシス90、さらにヴェクスター150。そして今のスポーツシティに至るわけです(^^ゞ

すでに社会人になった長男が乗っていたアプリオは帰ってきて手元にあります。
もうボロボロの状態ですが処分するのもかわいそうなのでいずれ直して乗るつもり。
アクシス90も貴重な2サイクルなのでこれも置いておきます。
普段のチョイ乗りにはヴェクスターが活躍してくれてます。

結果、我が家には4台のスクーターが(^^ゞ

4台あってもフランス車1台抱え込むよりは安くあがりますからまあ良いっか(汗)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、昨日の高速を走ったスポーツシティのインプレッションの追加です。

路面が良いこともあると思いますが、固いフロントは高速ではシックリきます。
ふらつきもなく、直進性も悪くありません。
ボディのわりにタイヤの径が大きいことも要因かと。

国産のビッグスクーターならいざしらず、このボディサイズでこのくらいの安定感なら十分でしょう。

風よけ対策を考えるなら、オプションで純正のフロントスクリーンを付ければ高速ではかなり効果があるようです。冬場の寒さ対策にも。

多分、付けないけど^^;

というわけで、高速を走る機会はそうないけどいざとなったら十分の能力はあります。

次回はコーナリングについて・・・

2013-03-11(Mon)
 

久々の新東名

つい1週間前に水窪へ行きましたが、今日も懲りずにまたまた水窪まで^^;

予定では水窪から県境の兵越峠を越え長野県まで。ところが水窪で雨がパラッと
予報では午後から「ところにより一時雨」。まあ、当らないんじゃないのと思っていたところ長野県側の山はなんとなく黒っぽい。

このまま行くかどうしようか迷ったんですが、急きょ予定変更(汗)

戻って途中から佐久間町を抜け県道9号にある道の駅「くんま水車の里」へ。
で、先日と違い水窪は寒かった! 太陽がまったく出てなくてネックウォーマーをしてても寒いほど。
それが「くんま水車の里」へ来たら日差しはあるし暖かいし(どうなってんの?)

あいかわらず「くんま水車の里」はバイク乗りには人気があるようで、ココへ来るまでの県道9号はコーナーが連続する、それでいてリスクが少ない気持ち良い道です。モンキーからリッターバイクまで楽しめる・・・そんな数少ない山道です。

※いつもの定番、コンビニのおにぎりとお茶。安くあがります(^^ゞ
s-IMG_0067.jpg


ところで・・・

昨年、新東名が開通した折スポーツシティで走ったことがありました。
5月の連休の最後のほうだったと(この時点では駆動系はノーマルでした)

それ以来ですから2度目となります。
現在はマロッシのキットを組んでいますので、動力性能がどれくらい変わったか?
なんですが、ノーマルの状態を覚えていません。マロッシに馴染んでしまってこれが普通になっています^^;

ただ、ノーマルの状態は振動も少なく滑らかに加速して最高140まで引っ張ったような・・・。

キットを組む時「加速は良くなるものの最高速は多少落ちるかな」・・・お店の談。
そんな事を言われました。

それを踏まえた上で

進入路から加速・・・80キロからのピックアップが良いように思います。

100キロの巡航はまったく問題ありません。

120キロの巡航は・・・バイクも人間もストレスなく走れる限度では。

130キロの巡航・・・出来るけど緊張感もありエンジンもけっこう回っています。

140キロの巡航は・・・かなりキビシイな~。追い抜きなんかの短時間であればこの速度は出るけど。

最高速は・・・140からじわじわと上がって行きますが、150になんとか。
        今日は風も強かったのでチョット恐かった(汗)

と、まあこんな感じでして^^;

軽量がゆえに風には弱いということです。

新東名の場合120キロ前後で流れていますので、その流れには乗れるでしょう。

大型トラックや遅い車が前にいた場合・・・・「抜いちゃえ」とアクセルを開けるのを躊躇することもありません。ヴェクスターではとても無理というか高速は走れません。

おそらく、ホンダのFTRやカワサキのエストレヤなんかの250の単気筒よりは高速の巡航は楽だと思います。
もうチョット長い距離を走ればさらにスポーツシティの良し悪しが見えてくるでしょう。

ただ、ですね~

メーターが甘い。実速よりは多めに出てる!
さすがイタリアン(笑)

※高速のPAでハーレーの横に堂々と
s-IMG_0077.jpg

※金持ちそうなハーレー&トライク乗り? けっこうな歳に見えましたが・・・
s-IMG_0076.jpg

※ETCなし ついてれば250円!
s-IMG_0084.jpg

本日走行240キロ。

燃費はおおざっぱですがL=30キロくらい。
2013-03-10(Sun)
 

心なしか

昨日のツーリングで気がついたことが・・・。

それは「突き上げがほんの少し和らいだ」ような(^^ゞ

あくまでもそんな気がする・・・というレベルですが、何度となく通っている道ですので路面の状況は把握しています。

減速の為に設けてあるあのゼブラの舗装でも、いつもより当りが柔らかいように感じました(ほんの少しのことかもしれません)

スポーツシティはご存知のようにフロントはかなり固い(リアは良い具合です)
路面の悪いところは突き上げがかなりあります。
これは購入当初から1年経ってもそう変りはありませんでした。

初期の入力に対し対応しきれてないように思いました。
この点ではヴェクスターのしなやかなフロントがうらやましい!

フロントがストロークしてないんじゃないのと疑ったりして。
でも、動いているんです(笑)
これは以前にも確認してますので。

そこで、今日どれくらいのストロークがあるのか計ってみました。
フォークに動いた跡が見れますので計ったところ・・・約8センチ。
一番沈み込んだところでこの長さ。

s-IMG_mi-6.jpg


スクーターとしてはどうなんでしょう?

路面が良ければ100キロの高速コーナーでも安定しているんです。
(普通のバイクでは100キロ程度では高速コーナーとは言わないよね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※話しはチョットずれますが、かつてレイトンハウスというF-1がありました(知ってるかな?)
カペリとグージェルミンがドライブしてました。
車体は「マーチ」だったと思います。

そのレイトンハウスのF-1,路面が滑らかなコースでは物凄く速かった。NAでありながら鈴鹿で一時的にせよトップを走ったこともあります。シビア~な空力特性でハマッタ時は特に速く、バンピーなトラックではあまりのピーキーな特性で気難しいくドライブが大変だったとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、うちのスポーツシティもそんなレイトンハウスに似てるところがあるのかも
まあ、空力はまったく関係ないけど(汗)


でもでも、こういった特性を理解したうえで走らせてやれば速いスクーターでしょう。
私のような中年を通り越した次の世代でもでも楽しめますから(*^_^*)

2013-03-04(Mon)
 

春めいたような・・・

昨日のような強風だったら乗らなかったんですが、今日の日曜は晴天でほぼ無風でしたので行ってきました(^^ゞ

9時半出発!

去年の12月以来の水窪(浜松市天竜区)まで。

予報どおり気温も上がり午後1時の水窪にある外気温計は14度
どおりで走っていてもそれほど寒くはない。
体も固くならず疲れかたが違うようでした。

凍結の心配もなく、先日の雨やらで雪も解けたような・・・。

s-IMG_mi-1.jpg

今日は水窪の集落が終わるあたりまで。
↓この先は長野との県境。兵越峠でまだ積雪があるかもしれない。

s-IMG_mi-2.jpg

ところで、船明ダム湖にある道の駅「花桃の里」を出てから水窪の町内に入るまで前に車がいなかった(*_*)
かなり良いペースで走っているにもかかわらず追いついた車がない!

国道152号は追い越し禁止があったり、ブラインドコーナーがあったりと前を押さえられるとストレスがたまるんですが今日に限っては珍しくそれがない(なにか良いことしたっけ)

まあ、めったないことでしょう。

あっ、そうそうタイヤのこと。
↓リアがだいぶ減ってきてチョット不安な状況に^^;

s-IMG_mi-3.jpg

ちなみにフロントは↓
s-IMG_mi-4.jpg

スクーターの場合フロント1回にリア2回交換だそうです。
今日もすべる場面がありまして
(※走行6,200キロです)

ボチボチ、タイヤの選定をしなくては(と言ってもリアは1種類しか選べないんです)
今着いてるは「PILOT SPORT SC」は廃盤。グリップもあり良い感じだったのに。

スポーツシティの15インチは限られたメーカーしか作っていないから・・・。

帰り際、道の駅でCB750を発見!
スポーツシティを買う前はこれか、ゼファーの750か迷った時期もありました。
私の年代ですと750CCは特別な存在なんです。
かつてCB750K4(OHC)にも乗っていたので
もういちどナナハンに・・・なんて憧れが(^^ゞ

まあ、それはそれとして。

スポーツシティとの大きさの比較をどうぞ(画像が綺麗ではありませんが)
横から見ると長さはそう変わらないように見えます。

s-IMG_mi-5.jpg


スポーツシティは前や後ろから見ると小さく見えます。たまに原付に間違えられます。
この方向ですと、やっぱり軽二輪かなと思います。
「以外と大きい」・・・そう言われます。

原付の格好をした250CC(笑)
フロアがフラットだからかもしれません。

次回のツーリングは今月末の予定。

※本日の走行距離約200キロ
2013-03-03(Sun)
 
プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター