フォークオイル交換、その後・・・

日曜でしたが、予定どおりには・・・。

商売をやってると、あれやこれやで。
朝、出かける予定が10時になり、お昼になり、
結果午後2時過ぎに^_^;

近場ということで、川根の千頭方面へ。

千頭駅では「トーマスフェア」とかで賑わっていました。

s-2017-7-0212.jpg


さて、フォークオイル交換後、
近場とはいえ往復100キロほど。

低中速コーナーが続く、まずまずのコース。

先日、チョイ乗りした感じでは直線でフラットな路面の場合、
交換前とそれほど変わらないと思っていましたが、
やっぱ、違いますね~。

微妙な違いですが、なんでしょうね。
真っ直ぐな道路でも緊張感が薄れた(わかりにくく抽象的で)

途中、何箇所かあるトンネル内のグルービングも、
いつもより神経質にならず・・・。

いちばん変わったと思うのが、
コーナー進入の時、
「バイクを倒してからクリップを過ぎ立ち上がる」この一連の動作。
この時の路面からハンドルに受ける伝わり方。
(これまた微妙な表現で^^;)

ようは、接地感の向上!

下りのコーナー進入は、
いつもよりは緊張感が減ったような・・・。

ただ、バネが変わったわけではないので、
大まかのところは、多分変わってはいないでしょう。

でも、乗りやすくなった。

オイルが柔らかくなってダンパーの機能は減少(下がった)←あってる?
減衰力が小さくなったとでも。

バネを変えることが出来ないので、
オイル粘度の変更で対処しましたが、

もしかしたら、7,5Wのオイル粘度のまま、
もう少し柔らかめのバネにしたら面白いかも。

イタリアンスクーターは二人乗りを前提に、
フロントのバネレートを決めているんだろうか?
それにしても固すぎるように思います。


今日、千頭往復の3時間たらずでしたが、
オイルが柔らかすぎて、
不安だとか乗りにくいといったことはなかった(気がつかないだけ?)

唯一、高速域(三桁の領域)のコーナリングは出来ませんでしたので、
結論を出すにはまだ早いでしょう。

そうしてみると、ヴェクスターのしなやかな乗り味は絶妙です。
スポーツシティと比べ、動力性能が劣っているヴェクスターですが、
コーナリング中の安心感・安定感は上です。




スポンサーサイト
2017-07-09(Sun)
 

フォークオイル・・・粘度を替えたら

え~、メンテから帰ってたスポーツシティ!
調子良いです\(^o^)/

まあ、その前から特に不具合があったわけではありませんが
プロに見てもらったという安心感でしょうか。

その中でもフロントをもう少しなんとかしたい。
突き上げを軽減出来たら・・・。

そんな思いでSファクトリーさんに
いくつかあるオーダーのひとつとして、
フォークオイルの粘度を下げてみたいと(^-^)/

で、調べたところ2014年の4月にフロントフォークのオイル漏れがあり、
この時、7,5W(純正指定) → 5W(5番?)に変更。

実のところ、7,5Wとか5Wなんて粘度があることは知りませんでした。
一般的には10、15、20番とか。

それで、5番に変更した変化(効果)はありました。
突き上げは確かに和らぎましたから。

じゃあ、もっと柔らかいオイルならどうなんだろう?
とシロート考えで。

「ダメもとで柔らかいオイルにして」とSファクトリーさんに。
うまくなかったら戻せば良い!

今回!

5番 → 2,5番

これ以上柔らかいのないよな~?

結果・・・

7,5番 → 5番にした時よりも

5番 → 2,5番のほうが変化が大きい。

かなり自分好み(^^♪

ブレーキングでフロントがグ~っと沈みこみます。
コーナー進入でフロントブレーキを残しながら・・・のスタイルにあってます。

いちばんの違いが、接地感が出てきた。
路面の状況が前と比べ伝わってきます。

これっ、かなり重要で、
元々コーナリングそのものは悪くなかったんですが、
路面からのインフォメーションが少なかった。

ただ、バイクを信頼してたので、「これくらいでも大丈夫でしょう」と、
それなりに攻めてはいました(笑)

(※車も同じで、毎年2月の富士SWの走行会でも、
パルサーの、路面からのインフォメーションが良いので、
それなりの走りが出来ます(=∀=)

いつものテストコースを走った感じでは、
柔らか過ぎてどうこうということもなく。
フニャフニャしてるでもないし・・・。
逆に、突き上げが減ったのが大きい。

低~中速域のコーナリングは
「ゆらく温泉」手前の高速130R(大笑)・・・OKでした。

物事、すべてにおいてメリットがあれば必ずデメリットもある。
もう少し走りこんで、このあたりを洗い出したいと思います。

ちなみに、リアショックはビチューボです。

2017-07-05(Wed)
 

まだまだ、乗るぞ!

Sファクトリーさんのメンテから帰ってきました。

事前に、作業中の写真をお願してありましたので
何点か載せます。
欲をいえばもう少し画素数が大きければ^^;

新車から5年7ヶ月 走行16,700キロ そのあたりをふまえて!

s-2017-6-9411.jpg
↑シロートにはココまでバラセません。



s-2017-6-9415.jpg
↑ ラジエーターコアはゴミでいっぱいだったそうな。 モミジの葉っぱが引っかかっていたり。


s-2017-6-9417.jpg


s-2017-6-9422.jpg

↑ 懸案だったステムベアリング ・・・ 問題なかったようです。
グリスがカピカピだったらと心配でしたが・・・。

s-2017-6-9419.jpg

↑これまた、心配してましたが・・・クラッチのアタリもまったく問題もなく良い状態だそうです。
まだ、イケそうです。

s-2017-6-9425.jpg
↑某ディーラーで換える必要が無いと言われたクーラント・・・交換しました。
色がとても薄かったそうで^^;
(赤なんですね~)
まあ「向こうのは」こんなもんだそうです。
新しいクーラントは「普通の緑色」(笑)

s-2017-6-9427.jpg

↑ リアブレーキのマスター&キャリパーは分解・清掃のみ。
  状態はともに良かったようです。

※6畳ひと間ほどのスペースで重整備から、エンジンチューニング、改造まで。
バイク用のリフトすらない。
そのかわり、パイプで組んだホイストみたいなので車体を吊るように出来てます。
狭いスペースながらよく考えられてます。

つづく・・・


2017-07-03(Mon)
 

無事、完了!

みなさま、おはようございます。

スポーツシティ・・・メンテ終わりました。
昨日の夕方、引き取りに行ってきました。

今日は一日仕事ですので、詳細は夜にでもUPします。

s-2017-6-3383.jpg



2017-07-02(Sun)
 

Sファクトリーさんへ

金曜日にSファクトリーさんからメールがあり、急遽土曜に車両の持ち込み。

で、昨日の土曜の夕方載せて行ってきました。

s-2017-6-3382.jpg


軽トラに載せる折、アンダーカバーがラダーに着かないか心配で(=゚ω゚)ノ

助手に「ちゃんと見てて!」と。
載せる本人からは見れないので。

「2センチくらい・・・」のクリアランスがあったそうな。

どこが2センチかわかりませんが、とりあえず着かなかったようです^^;

店に着いて、店主と色々と相談。

まず、一通り見てもらう。
その中でも、オーダーしたのが

・ 冷却水の交換
・ ステムベアリング周りのチェック(グリスUP)
・ リアブレーキ(マスター~キャリパーまでの分解清掃)
・ フロントフォークのオイル粘度をどうするか
・ 駆動系の確認(とくにクラッチ回り)

以上が主だった、こちらからの注文です。
他にも気がついた事があればそれも。

その中でもフロントフォークオイルですが・・・。

プロの見立て・見識からいろいろと説明を受けましたが、
これがなかなか難しい。
単純にオイル粘度を下げれば良いというわけではなさそう。

バネの硬さのこと。
アプリリアのフォークの仕組みからすると、
オイル粘度をさらに下げても良い方向に行くかは分からないそうです。

実際のところやってみないと分からないようです。
確かに!

前回はフォークオイル粘度の番手を下げて、
いちおうの効果(良いほう)に出ました、

そこで、これに関してはプロに任せることにしました。
いろいろと考えてくれるようです。

ところで、クーラントの交換!
普通は車も含め、
あるていどのスパンで交換するものと思っていました。
今回も5年半経っていますが、初めての交換。

ところが、購入した某正規販売店では
「クーラント?・・・その必要がない」と。
なんでも交換するにはラジエーターを下ろしたり、
大変な作業になるからとΣ(゚д゚|||)

これは千キロ点検時に、メカに聞いた時の返答です。

イタリアンスクーターは無交換なんだろうか・・・。
減ったら足すだけ?

正規販売店が言うくらいだから、そうなのか。
反面、ホント?かな~と。

でも、今回は交換しちゃいます(笑)

それから、サイドスタンド・・・欲しい。
軽トラに載せてスタンド立つ時、
フロントタイヤを目いっぱい前に付けても
センタースタンドを起こすとリアタイヤが
後ろのバタが閉まらないくらいまで下がります。

そこから、車体をグリグリ斜めに動かして
バタが閉まる位置まで。

普通は新車購入時にサイドスタンドを着けるようですが・・・。

5年半も経って、今頃どうしようか考えているとは(=∀=)


2017-06-25(Sun)
 

アルミラダー

積載用に買いました(=∀=)

新たにと言ったほうが・・・。

以前のはコレ↓
s-2017-6-0227.jpg

今回買ったのはコレ↓
s-2017-6-0192.jpg

当然ながら国産ではありません。
2本セットで送料込みの13,000円ほど。

s-2017-6-0195.jpg


あえて、折りたたみ式でない物を。
軽トラに積める長さ1800ミリ。

以前のものは長さ2200ミリ位。
本来はこのくらいの長さがあったほうが良いようです。

で、1800ミリ・・・もしかしたら短い?
角度的には前のよりはきつくなります。
載せる時、カバーの下側が着くかどうか(汗)

まだ、載せてないのでなんとも言えませんが・・・。

まあ、長さのことは別にしても
以前のは載せる時、チョット不安なところがありましてΣ(゚д゚|||)
湾曲してて、カバーが擦ることはありませんでしたが。

本来は荷台の高さ×3,5・・・これくらいの長さが必要なようです。
計算上は2100ミリ。

まあ、良いっか^_^;

ちなみに最大積載が500キロ(2本で)
片方で250キロ。
スポーツシティが140キロだから大丈夫でしょう。

s-2017-6-0197.jpg


それにしても、載せる時擦るかどうか・・・?




2017-06-22(Thu)
 

また、ひとつ歳を・・・

今日でまた歳を・・・。誕生日です。

なんと、60と三歳w(゚o゚)w

凄いです、ある意味(笑)

二十代から見ればお爺さん。
やっぱ、凄いです^_^;

すでに免許の更新はひと月前に済ませました。

おそらく「アプリリア スポーツシティ CUBE 250ie」に乗ってる最高齢者では。
元々、販売台数がそれほど多くないから多分そう。
自慢して良いのかどうなのか(汗)

そんな還暦過ぎのオジサンが5年半も乗っているスポーツシティ・・・。
やっぱ、面白いのかも。

けっして乗りやすいとは思いません。
ブログにも何度となく書きましたが、
足回りが硬い(とくにフロント)、フロントブレーキのタッチのこと。

等々、不満はあります。

が・・・。

コーナリングが楽しい(*^_^*)

このスクーターは、
足元フラットで、ふんばる所がない。
もちろんニーグリップなんかは出来ない。
ポジションも国産のスクーターに比べれば自由度はない。
ある意味、固定されたポジションを強いられる。

それでも、峠・山道のコーナリングはそこそこイケル!
足元を、お行儀良くそろえた状態で^^;

慣れない人には違和感があるかも。
特に、普通のミッションのバイクにしか乗ったことない人はよけいにそうでしょう。

そんな楽しいイタリアンスクーターに乗っていながらも、
歳を考えると「今乗らないともう乗れなくなるかな~」と思うバイクもあります。

たとえばカワサキのW800、モトグッチ、トライアンフ。
いずれもツインのバイク。

音も、ガタイも大きいし、見た目も上。
所有する喜びみたいなのもある。

が、はたして楽しめるかな~?
乗りこなせるか?

バイクの醍醐味であるコーナリングがうまく出来るか???

乗ることは出来るでしょう。
ただ、そのバイクの持ってるポテンシャルをどの程度引き出せるか。
持て余してしまっては、なんでもない。

自分のライディングの技術を考えると、どうなんだろう・・・。
そのあたりの不安もあります。

そんなわけもあり、もう少しスポーツシティでと(=∀=)
まあ、実際は買えないのが一番の理由ですが(大笑)

s-2017-5-0159.jpg

記録として撮ってもらいました。どんよりとした天候に微妙なアングル。
やけにバイクが大きく見えますが、けっして本人が小さいわけではありません^_^;


2017-05-16(Tue)
 

リアブレーキ

スクーターで速く走るには、
ミッションのバイクに比べブレーキをいかに上手く使うか、
ようはブレーキに求める依存性は大きくなります(たぶん)

買った当初、フロントはイマイチでしっくりこなくて使づらい反面
リアはタッチ・効きもかなり良かったです。

8:2くらいでリアブレーキを使っていたような・・・。

ストロークは硬質ながらもコントロールしやすく
静動力も必要十分。

それが、リアは走行5千キロ経ったあたりからタッチ・効きも変化して
今に至っています。

Sファクトリーさんで、ブレーキオイルの交換は一度やってます。
が、それほど変化はなかったような・・・。

で、スポーツシティの場合
定番のようにブレーキパッドを
アプリリア純正からマロッシのシンタードに交換するようです。

効きの向上がいちばんの目的。
値段もリーズナブル。

私も遅れてはならぬと換えてみました(笑)

たしか走行5千キロ過ぎたあたりだったか???
もう4年以上前のこと。

その時どうだったか? マロッシと純正の違い?・・・思いだせません。

で、昨日リアのパッドを見たところ・・・ベスラ!
いつのまにΣ(゚д゚|||)

歳のせいかベスラに交換したのも、すっかり忘れてしまって^^;

流れでいうと「純正→マロッシ→ベスラ」となります。
ベスラのシンタードでした。

多分、初期の良いときのタッチが無くなってきたので、
↑のような流れで換えたんでしょう。

そこで、元の純正パッドに換えてみました。
純正パッドの残は、まだかなりあります。

これまた、アタリが着かない状態ですが、
走った感じではストロークは増えて柔らかく。

とはいえ、購入当初のあの「リアの良い感じ」にはなりませんでした。

年数を考えるとマスター&キャリパーのオーバーホールが必要なのかも。

s-2017-5-0129.jpg
※ アプリリア純正とベスラ。形状が違います。ベスラのほうが縦方向が長い。


2017-05-13(Sat)
 

ベスラ  レジンパッド

連休中の木曽方面のツーリング。

いろんな状況下で500キロも走ると、
もう少し「あ~したい、こう~したい」といった事が出てきます。

で、フロントブレーキに関してはおおむね満足してます。
現在のパッドの仕様はブレンボ純正パッドから 
→ 「ZCOOセラミックシンタード TYPE-C」

純正パッドからZCOOに替えてから確かに違いました。
もちろん、良いほうにですが・・・。

ただ、このZCOO・・・自分のイメージよりブレーキの立ち上がり方急といったほうが。
(このあたりの表現は難しいんです)

凄い効きます!

が、握りこんで行く過程がもう少し甘くても良いのではと。
ある意味贅沢な。

もしかしたらTYPE-Cはオーバースペック?(スポーツシティには)

そこで、以前にも使ったことがあるベスラのレジンパッド(オーガニックとも)を試してみました。

s-2017-5-0126.jpg


謳い文句としては・・・
「コントロール性の良さ(馴染み易い特性とコントロール幅が広い)」
「シンタード系に比べ、低温でも効力を発揮し」とあります。

反面、雨には弱いとか。
まあ、雨ではまず乗らないから良いっか(=∀=)

さっそく昼過ぎにパッド交換。
いつものテストコースの大久保キャンプ場まで。

まだ、アタリが付いていないので評価は早いのかもしれませんが、
レバーの握り代が増えたようです。
よく言われる「硬質な感じが、柔らかくなったような」。

初期のタッチからそのあとの握り込んでいった時の幅があるというか・・・。
逆に言えば効きは甘い。単純に制動距離は長くなる。

初期のタッチからそのあと ← このあたりがポイントかも。

使い勝手がさらに良くなったように思います。

ブレーキは感覚的なもので人によって捉え方は様々。
同じ条件下であっても良かったりダメだったり。

他のスクーターは分かりませんが、
スポーツシティはエンブレが効きません(ほぼ)
制動は前後のブレーキに頼るのみ。

だから、前後の手動ブレーキの感覚は重要です。

パッドのアタリが付いてくれば、また違ってくるかもしれませんが、
チョット様子見です。

大久保方面、2往復した感じでは好感触でした。

今回、パッドを交換したわけですが、
その違いが出るというのはキャリパーとマスターはちゃんと仕事をしてるということ。
あたりまえの事ですが、パッド交換する前にこのあたりの具合を確認することがだいじ。

次はリアのブレーキも・・・。


2017-05-11(Thu)
 

走りました~!

5月4日。

午前4時半起床 (^_^;)
6時40分発。

行き先・・・とりあえず長野県から岐阜県あたりか?
とくに決めずにまあ、そっち方面(笑)

いつものように国道152号を北上。
途中から国道473号へ入り佐久間町~東栄経由で国道151号に。
さらに北上。

418号へ。

国道153号沿いにある「道の駅 信州平谷」にてチョット休憩。
ここまでは車に挟まれながらも良いペースです。

で、前日の予報では気温が25度くらいまで上がるとか。
秋冬用のジャケットか、それとも(って、他に夏用しかないけど)
迷いましたが、寒いのはどうしようもないので冬用のジャケット。

これが正解でした。

途中、さむくてインナーにウインドストッパーなるものを着てなんとか。

この道の駅の外気温計が↓

s-2017-5-0094.jpg

12時半ころです。

この後もそれほど気温が上がらず・・・。

それにしても、道の駅・コンビニはバイクが多かった。
バイクの集団で占拠されたんじゃないかと思うほどのコンビニもありました。
それも大型のバイクが多かった。

                           ↓間に割り込ませてもらいました^^;
s-2017-5-0095.jpg

このあと、153号から阿智村で国道256号へ。
妻籠宿を横目に見ながら国道19号に合流。
さて、ここからどうしよう?
とりあえずの目的地までは来ました。
ここから下呂・高山方面かそれとも19号北上し木曽か。

野沢菜も買いたいし

では、木曽へ。

バイクで国道19号を走るのは初めてです。

↓ここに着いたのが午後2時。
s-2017-5-0005.jpg

ここまで250キロ。
7時間チョット掛かりましたが、ほぼ走りづめ(汗)
やっと昼飯です。
目的の「野沢菜とすんき」を買い込んでと。

このあと、さらに19号を北上し国道361号を伊那~高遠(たかとう)。
高遠からは152号で茅野へ抜けました。

おおむね、ここまでは車もスムーズに流れそれほどストレスもなく。
ところが20号へ入ったとたん、流れが悪くなり韮崎あたりで渋滞。
52号もダラダラと。
1号線はいつものように混雑。

これなら伊那から153号を下ったほうが良かったのかも。

ところで、渋滞に巻き込まれたおかげで電動ファンが回りました(~_~;)
久々です。
ちゃんと機能してるんだと妙に納得。

静清バイパスでは3桁の巡航。
軽二輪のスクーターの中では、まあ最速とも言われていますが、
実際のところ↑の巡航速度はけっこうキツイです。
風圧がもろに。
ポジションも立ってるし。

そういう面では国産の250のスクーターのほうが、
高速域の巡航は得意かも。

藤枝まであと少しの国1の宇津ノ谷トンネルの手前で燃料の警告灯が点きました。
木曽で満タンにしてから距離にして270キロほど。
リザーブが1,5Lだから、7,5L消費(タンクはフルで9L入るはず)
大雑把の計算ですが、L=36キロ走行。

渋滞があったにしてはまずまずの燃費では。

少し余裕をみて250キロ位までは引っ張っても大丈夫!

思えば納車の日、店を出てから数キロで警告灯が点いたっけ(汗)
ということは1Lチョイしか燃料入っていなかったことになる。
スタンドに着くまでビクビクでした

家に着いたのが午後6時50分。
走行距離508,7キロ。
今まででいちばん走りました。
ほぼ12時間です。

s-2017-5-0006.jpg
※↑警告灯が点いてからさらに20キロほど走行。燃料計の針の位置はこのあたり。参考までに。

オイル交換直後のせいかエンジンも良い感じでした。

それにしても疲れました。
あと10日ほどで60と3歳(汗)
歳かな~

次回は岐阜の高山方面へ

2017-05-05(Fri)
 
プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター