6年前

平成23年11月8日。

ナンバーを取得した日です。

バイクの引き取りはそれから数日後・・・。


丸々6年経ちました。
たまのツーリングに使うことが大半ですから、
距離は伸びません。
今日現在、17,488キロ。
メーター不動の期間が少しですがありましたから、
実際はもう少し・・・。

購入時、店には「赤&黒」しかなく、
インポーターにも「白」の在庫がなく、
神奈川から引っ張ってきたようでした(赤黒と交換)

「足元フラットの250」のスクーターは、
当時も今も国産にはなく、
選択肢はイタリアン!

海外向けにはホンダのSH300iなんかがあるのにね!

ところで、6年も乗ってるとそろそろ・・・ってことも\(//∇//)\
あると思うでしょう?

それが、幸いにも次の候補が無い。
気になるのはあります。
が、買い替えてまでは・・・。

来年の1月だったか発売のヤマハのXMAX ABS。
これは見には行きますけどね^_^;
速そうだし、いろいろ付いてるし(笑)
完成度高そう!

車もそうだけど、スクーターといえどもどんどん進化してますね~。
トラクションコントロール!

もうmotoGPの世界です。

あと数年もすれば、これがあたりまえになるんでしょう。

次はEV化?

年寄りにはついて行けません(゚△゚;ノ)ノ



s-2017-5-0131.jpg


スポンサーサイト
2017-11-08(Wed)
 

ライディングスタイル

ストックの状態のスポーツシティに比べれば、
フォークオイル粘度やブレーキ周りの変更で
下りのブレーキングは多少なりともマージンというかユトリ出てきました。

が、もう少しコーナー進入時の安定感が欲しくて
いつもとは違う乗り方を試したところ・・・、
意外と良い(#^.^#)

体重移動と言いますか、荷重の掛け方と言いますか。
ほんのチョットの違いなんですが・・・。

難しいのが長い下りが続いたあとのハードブレーキング。
神経使います。

フロントにかなり荷重が掛かってしまいます。

路面が悪いと跳ねるし。

そこで、いつもよりフロントに掛かるのを押さえ気味にしたら
コーナー進入・・・安定感が出てきました。
ほんのわずかな違いですけど。

外から見たら変わったようには見えないと思います。

意識の問題・・・その程度なんです。
が、実際は違いがありました。

帰りの国道362号は加減速の連続で、
ブレーキングを試しながら・・・。

良い感じで走れました。

そんなわけで、この歳になっても試行錯誤が続きます(゚∀゚)


2017-09-19(Tue)
 

久々の水窪(みさくぼ)でしたが・・・

朝、起きたら晴れてるじゃん!

みなさんのところはどうでした?
台風の影響は?

藤枝は日付が変わる頃、雨・風が強くなりましたが大した事もなく。
ヤレヤレといったところです"^_^"

さて、今日の天気予報からこんな図式が(笑)
「晴れ→30度超え→風がある→路面が乾く→ツーリング」

但し、台風の去った後ですから走るルートは枝・葉っぱ・落石の可能性大。

やっと取れた休みですので、
とりあえず行ってみました。

いつものように藤枝バイパスで金谷へ→山超えで森町へ。
あれだけの雨だと普通なら路面がかなり濡れていますが、
そうでもない。


国道152号を淡々と北上。

水窪商店街の手前10キロほど。
杉の枝・葉っぱがかなり落ちてます。

植林してある中を国道が通っているため。

場所によってはアスファルトが見えないほど、
凄いことになっていますw(゚o゚)w

s-2017-9-0352.jpg
↑国道と並行して走ってる県道。これでも、まだこっちのほうが良かった。

バイクを寝かせられません。

なんとか水窪町内へ。

予定では「しらびそ高原」でしたが、
おそらく途中の兵越峠もこんなでしょう。

そこで、山住神社から春野町へと行くつもりが、
こちらは通行止の看板が。

s-2017-9-0346.jpg


山住神社までは行けるようです。
天竜スーパー林道で秋葉神社へは可。
でも、ここも多分もっと凄い状態でしょう。

s-2017-9-0347.jpg


結果、来た道を戻り。

予想はしていましたが、それ以上でした(゚△゚;ノ)ノ

山あいを走るぶんには、「少しメッシュ」のジャケットがちょうど良かった。
が、帰りの川根町へ入ったあたりから暑くて!
30度は優に超えてるような・・・。

帰りのルートは152号から362号で川根方面へ。

少し消化不良でしたが、走れただけでも良かった。

本日走行260キロ。


2017-09-18(Mon)
 

ナンバープレートが空中に~

先日の梅ヶ島温泉への途中。
面白いことが・・・。

藁科街道を静岡市街地方面へ向かってる途中の信号。
ちょうど新東名の高架のすぐ下。

信号待ちでなにやら後ろから「音」が。
2台のバイクが横に。

アメリカン!

1台はリッターバイク、もう一台は白ナンバーだから250か?

どちらもツイン。
でも、車種は不明。
かなりの改造。
原型を留めないほど。

私の年代だと「チョッパー」の部類。
映画のイージーライダーに出てくるやつか、
バニシングポイントの最後のほうに出てくるあのバイク。
そんなイメージで。

青信号になったらケッコウな加速。
追い越し禁止なんのその。
バンバン抜いてきます

後ろから様子見(笑)

そのうちの、250のバイク。
ナンバーがなんとなくグラグラしてる。

どうも針金で固定してあるような・・・。

「あっ、片方取れた」

一本の針金でかろうじて繋がってますΣ(゚д゚|||)

リアフェンダーらしきものも無く、
タイヤむき出し(凄いです)

ナンバープレートが何度もリアタイヤに叩かれて踊ってます(汗)

針金の限界!
とうとうナンバーが取れました

戻って、拾って届けようにも先に行ってしまうだろうし、
どこの誰かもわからないし・・・。

そこで、必死の追っかけ、
信号待ちでなんとか捕まえて。

「ナンバー落ちたよ!」と。

「3~4キロくらい手前」だよ。

ビックリしたようで、
お礼もソコソコ引き返して行きました。

見つかればいいんですが・・・。
車に踏まれたかも。

かつての、カワサキのW1とかヤマハのXS650のツインは
振動が凄くナンバープレートが割れたなんてこともありましたが、
外れる瞬間は滅多に見ることはないでしょう。

ところで、自分が乗って絶対に似合わないバイクはアメリカン!
とくにハーレーの豪華なやつ。

でも、ハーレーのチョッパーは好きなんです。
あの、バニシングポイントに出てくるフロントフォークが3mもあるような
(実際はそんなに長くないだろうけど))
バンダナに革のベスト着たあの兄ちゃん。

最高にチョッパーが似合ってます。

Uターンする時、道路の端から端まで使って。

45年も前の映画。
もう一度映画館で見てみたいです。



2017-08-23(Wed)
 

雨のバトラックスSC

ゲリラ豪雨とまではいきませんが、
それでも大粒の雨でした。

元々、雨のライディングは苦手ではない!
かつてのミニバイクレースでも非力なバイクながら、
雨ではまずまず(笑)

その雨を交換後初めての体験です。

で、現在のフロントタイヤ、
BSのBATTLAX SC(バイアスです)

s-2015-9-0001.jpg
↑これは交換直後。

ちょうど2年ほど前に換えました。

が、これだけの雨は未経験。


途中で降られない限り、雨で乗ることはないからね。

そのBATTLAX SC!

以外と良い(゚∀゚)

雨の下りのコーナーという、
スポーツシティではかなり神経を使う状況でも、
わりとインフォメーションもあり、
安心して走れました。
雨なのにグリップ感があるというか・・・。

フロントフォークオイルの変更とか、
ブレーキもコントロールしやすくなったのも一因かと思います、

どっちかといえば、リアのほうが心配でした。

ほとんどドライでしか走ったことがなく、
凹凸を拾いやすいBATTLAX SCでしたが、
雨が思いのほか良かったのは意外でした。

これも、乗る人間・バイクで間逆の評価もありますから、
あくまでもひとつの・・・。

通勤・通学とか日常に使うならミシュランのCITY GRIP なんかが良いかも。
最近、ピレリから「エンジェルスクーター」なんてのも。

120/70-15 ですからフロントのみ選択できます。

それにしても、
突然の雨でしたが良い経験になりました。

さらにつづく・・・。




2017-08-21(Mon)
 

久々の雨のライディング

もう、今月は乗れないんじゃないかと思いました。

それほど、仕事以外のことが忙しくて(泣)

次の日曜は防災訓練があるので・・・。
「いなか」はたいへんです(汗)

今日の日曜も地区の草刈!
いちおう「長」という立場ですので、采配が難しくて(笑)

その草刈も10時過ぎに終了。

さて、午後はどうしましょう?
天気は・・・多分大丈夫でしょう(楽観的)
東京は8月に入って20日間も雨が降らなかった日がないとか・・・。

空を見る限りでは、雲はあるものの雨の気配はなし。

半日で行ける所で車も少ないといえば、
静岡市の奥にある梅ヶ島温泉。

プロテクター入りのフルメッシュのジャケットに、
下はジーンズにニープロテクターを付けてと。

s-2017-8-0300.jpg



蔵田から山超えで静岡市方面へ。
一旦、市街地へ。
途中から安倍川沿いに北上。

s-2017-8-0304.jpg


途中から3台のバイクのグループの後ろに。
だいぶ走りのリズムが違いますが、付いて行きます。
参考になります(笑)

あと15分くらいで梅ヶ島温泉だと思ったら・・・雨。
かなり暗くなってきて。

まさかの雨。
「カッパ持ってないじゃん」

即、引き返し(=∀=)

戻り始めたら・・・止んだ。
やっぱ、通り雨かも。

で、足久保あたりにきたらまた降りだし。
だんだんと雨脚が強くなる。

すでにフルメッシュのジャケットはビショ濡れ。
まあ、雨をよく通すこと(泣)

帰りのルートを変更し、
岡部町の殿へ抜ける道。

さらに、雨が・・・。
F-1ですとフルウエット状態。
それもかなり溝が深いやつでないと走れないほどの雨。

そもそも、雨で走ることはまず無いので、チョットビクビク!
千キロ点検で12月の冷たい雨の中を店から帰った時以来。

あまりの雨にバス停のそばにある東屋に避難。
なかなか止みません。

s-2017-8-0063.jpg


濡れて大丈夫かな~?
イタリアンの電装系が心配です。

s-2017-8-0058.jpg


帰ったのが夕方5時過ぎ。
走行150キロあまり。

家のほうはほとんど降ってなかったw( ̄o ̄)w

それでも、雨のおかげで新しい発見が(チョット大げさですが)

つづく・・・


2017-08-20(Sun)
 

フォークオイル交換、その後・・・

日曜でしたが、予定どおりには・・・。

商売をやってると、あれやこれやで。
朝、出かける予定が10時になり、お昼になり、
結果午後2時過ぎに^_^;

近場ということで、川根の千頭方面へ。

千頭駅では「トーマスフェア」とかで賑わっていました。

s-2017-7-0212.jpg


さて、フォークオイル交換後、
近場とはいえ往復100キロほど。

低中速コーナーが続く、まずまずのコース。

先日、チョイ乗りした感じでは直線でフラットな路面の場合、
交換前とそれほど変わらないと思っていましたが、
やっぱ、違いますね~。

微妙な違いですが、なんでしょうね。
真っ直ぐな道路でも緊張感が薄れた(わかりにくく抽象的で)

途中、何箇所かあるトンネル内のグルービングも、
いつもより神経質にならず・・・。

いちばん変わったと思うのが、
コーナー進入の時、
「バイクを倒してからクリップを過ぎ立ち上がる」この一連の動作。
この時の路面からハンドルに受ける伝わり方。
(これまた微妙な表現で^^;)

ようは、接地感の向上!

下りのコーナー進入は、
いつもよりは緊張感が減ったような・・・。

ただ、バネが変わったわけではないので、
大まかのところは、多分変わってはいないでしょう。

でも、乗りやすくなった。

オイルが柔らかくなってダンパーの機能は減少(下がった)←あってる?
減衰力が小さくなったとでも。

バネを変えることが出来ないので、
オイル粘度の変更で対処しましたが、

もしかしたら、7,5Wのオイル粘度のまま、
もう少し柔らかめのバネにしたら面白いかも。

イタリアンスクーターは二人乗りを前提に、
フロントのバネレートを決めているんだろうか?
それにしても固すぎるように思います。


今日、千頭往復の3時間たらずでしたが、
オイルが柔らかすぎて、
不安だとか乗りにくいといったことはなかった(気がつかないだけ?)

唯一、高速域(三桁の領域)のコーナリングは出来ませんでしたので、
結論を出すにはまだ早いでしょう。

そうしてみると、ヴェクスターのしなやかな乗り味は絶妙です。
スポーツシティと比べ、動力性能が劣っているヴェクスターですが、
コーナリング中の安心感・安定感は上です。




2017-07-09(Sun)
 

フォークオイル・・・粘度を替えたら

え~、メンテから帰ってたスポーツシティ!
調子良いです\(^o^)/

まあ、その前から特に不具合があったわけではありませんが
プロに見てもらったという安心感でしょうか。

その中でもフロントをもう少しなんとかしたい。
突き上げを軽減出来たら・・・。

そんな思いでSファクトリーさんに
いくつかあるオーダーのひとつとして、
フォークオイルの粘度を下げてみたいと(^-^)/

で、調べたところ2014年の4月にフロントフォークのオイル漏れがあり、
この時、7,5W(純正指定) → 5W(5番?)に変更。

実のところ、7,5Wとか5Wなんて粘度があることは知りませんでした。
一般的には10、15、20番とか。

それで、5番に変更した変化(効果)はありました。
突き上げは確かに和らぎましたから。

じゃあ、もっと柔らかいオイルならどうなんだろう?
とシロート考えで。

「ダメもとで柔らかいオイルにして」とSファクトリーさんに。
うまくなかったら戻せば良い!

今回!

5番 → 2,5番

これ以上柔らかいのないよな~?

結果・・・

7,5番 → 5番にした時よりも

5番 → 2,5番のほうが変化が大きい。

かなり自分好み(^^♪

ブレーキングでフロントがグ~っと沈みこみます。
コーナー進入でフロントブレーキを残しながら・・・のスタイルにあってます。

いちばんの違いが、接地感が出てきた。
路面の状況が前と比べ伝わってきます。

これっ、かなり重要で、
元々コーナリングそのものは悪くなかったんですが、
路面からのインフォメーションが少なかった。

ただ、バイクを信頼してたので、「これくらいでも大丈夫でしょう」と、
それなりに攻めてはいました(笑)

(※車も同じで、毎年2月の富士SWの走行会でも、
パルサーの、路面からのインフォメーションが良いので、
それなりの走りが出来ます(=∀=)

いつものテストコースを走った感じでは、
柔らか過ぎてどうこうということもなく。
フニャフニャしてるでもないし・・・。
逆に、突き上げが減ったのが大きい。

低~中速域のコーナリングは
「ゆらく温泉」手前の高速130R(大笑)・・・OKでした。

物事、すべてにおいてメリットがあれば必ずデメリットもある。
もう少し走りこんで、このあたりを洗い出したいと思います。

ちなみに、リアショックはビチューボです。

2017-07-05(Wed)
 

まだまだ、乗るぞ!

Sファクトリーさんのメンテから帰ってきました。

事前に、作業中の写真をお願してありましたので
何点か載せます。
欲をいえばもう少し画素数が大きければ^^;

新車から5年7ヶ月 走行16,700キロ そのあたりをふまえて!

s-2017-6-9411.jpg
↑シロートにはココまでバラセません。



s-2017-6-9415.jpg
↑ ラジエーターコアはゴミでいっぱいだったそうな。 モミジの葉っぱが引っかかっていたり。


s-2017-6-9417.jpg


s-2017-6-9422.jpg

↑ 懸案だったステムベアリング ・・・ 問題なかったようです。
グリスがカピカピだったらと心配でしたが・・・。

s-2017-6-9419.jpg

↑これまた、心配してましたが・・・クラッチのアタリもまったく問題もなく良い状態だそうです。
まだ、イケそうです。

s-2017-6-9425.jpg
↑某ディーラーで換える必要が無いと言われたクーラント・・・交換しました。
色がとても薄かったそうで^^;
(赤なんですね~)
まあ「向こうのは」こんなもんだそうです。
新しいクーラントは「普通の緑色」(笑)

s-2017-6-9427.jpg

↑ リアブレーキのマスター&キャリパーは分解・清掃のみ。
  状態はともに良かったようです。

※6畳ひと間ほどのスペースで重整備から、エンジンチューニング、改造まで。
バイク用のリフトすらない。
そのかわり、パイプで組んだホイストみたいなので車体を吊るように出来てます。
狭いスペースながらよく考えられてます。

つづく・・・


2017-07-03(Mon)
 

無事、完了!

みなさま、おはようございます。

スポーツシティ・・・メンテ終わりました。
昨日の夕方、引き取りに行ってきました。

今日は一日仕事ですので、詳細は夜にでもUPします。

s-2017-6-3383.jpg



2017-07-02(Sun)
 
プロフィール

  ミッタン。

Author:  ミッタン。
・・・・・・・・・・・・・
バイクも車も大好きなおじさんです。
歳のわりに気持ちは凄く若いんですが(^^ゞ 

いつも気ままにひとりで走っています。 

ツーリングに誰か誘ってくれたら嬉しいんですが・・・。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター